スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

ニコニコ動画「原発について」アンケート結果――126万6000人が回答

原発再稼働に賛成34%、反対29%。今後の原発政策「全廃するべき」70%

⇒ ニコニコ動画「原発について」アンケート結果
    実施期間  2012/7/20~8/8
    参加者数  1,266,746人


●原発再稼働
 「賛成」34%
 「反対」29%


●今後の原発政策
 「いずれは全廃するべき」59%
 「減らす必要はない」31%
 「すぐにでも全廃するべき」11%


●脱原発デモ(集会)を支持するか
 「どちらとも言えない」37%
 「支持しない」37%
 「支持する」26%


●脱原発デモ(集会)に参加したことがあるか
 「参加したくない」80%
 「ないが参加してみたい」17%
 「ある」3%


次回の総選挙において「原発政策」を重視するか
 「重視はしないが考慮には入れる」62%
 「重視する」23%
 「重視しない」15%



Q1.関西電力・大飯原発の3号機が7月1日に運転を再開したのに続き、7月18日には4号機も再稼働しました。政府の判断を受けた一連の「原発再稼働」について、賛成ですか? 反対ですか?

関西電力・大飯原発の3、4号機の再稼働の賛否については、「どちらとも言えない」38.0%が最も多く、次いで「賛成」33.5%、「反対」28.6%となりました。

男女別で見ると、「どちらとも言えない」との回答の割合は、「女性(45.2%)」の方が「男性(31.1%)」より14.1ポイント多くなりました。「賛成」に関しては、「男性(43.1%)」の方が「女性(23.3%)」より19.8ポイント多く、一方の「反対」については、「女性(31.5%)」の方が「男性(25.8%)」より5.7ポイント多いなど傾向に違いが見られました。

年代別では、20代~50代以上の間で、年代が高くなるほど「反対」との回答の割合が高くなる傾向が見られました。

都道府県別に見ると、「賛成」の割合がもっとも高かったのは、大飯、美浜、高浜、敦賀原発、高速増殖炉もんじゅが立地する「福井県」で45.2%、次いで「兵庫県」39.6%、玄海原発が立地する「佐賀県」39.4%となりました。一方、「反対」が「賛成」を上回ったのは福島、沖縄の2県で、それぞれの「反対」の割合は「福島県」38.6%、「沖縄県」32.7%となりました。

支持政党(※)別に見ると、「賛成」の割合がもっとも高かったのは、「自民党」52.9%で、次いで「たちあがれ日本」52.7%、「民主党」48.0%となりました。一方、「反対」の割合がもっとも高かったのは「共産党」52.5%で、次いで「国民の生活が第一」50.7%、「社民党」の50.3%となりました。

(※)本アンケートにおける支持政党は、「次回の総選挙(衆院選)で支持したいと思っている政党」をあらわします

Q2.原発の再稼働にあたっては、経産省の原子力安全・保安院がとりまとめた暫定安全基準をもとに、政府が最終決定をしました。本来、このような原発の「安全基準」は誰が決定すべきだと思いますか?

原発の「安全基準」を誰が決定すべきかについては、「独立した第三者機関」48.2%が5割近くに達し、次いで「政府」16.2%、「原発がある地方自治体」13.5%となりました。

男女間、年代間(10代以下をのぞく)で大きな差は見られませんでした。

Q3.原発の安全性についてはどのように考えていますか?

原発の安全性についてどのように考えているかについては、「放射能流出という重大なリスク(危険性)がある以上、100%の安全性を確保すべき」48.3%、「安全性はできるだけ高めるべきだが、経済性を考えると多少のリスクは仕方ない」38.7%、「よく分からない」9.2%となりました。

男女別で見ると、「安全性はできるだけ高めるべきだが、経済性を考えると多少のリスクは仕方ない」については、「男性(43.3%)」の方が「女性(33.8%)」より9.5ポイント多く、傾向に違いが見られました。

年代別に見ると、年代が高くなるほど「放射能流出という重大なリスク(危険性)がある以上、100%の安全性を確保すべき」との回答の割合が高くなる傾向が見られました。一方、20代~50代以上の間で、年代が高くなるほど「安全性はできるだけ高めるべきだが、経済性を考えると多少のリスクは仕方ない」との回答の割合が低くなる傾向が見られました。

支持政党別で見ると、「放射能流出という重大なリスク(危険性)がある以上、100%の安全性を確保すべき」の上位は、「共産党」63.7%、「国民の生活が第一」60.8%、「大阪維新の会」54.9%となりました。 「安全性はできるだけ高めるべきだが、経済性を考えると多少のリスクは仕方ない」については、「自民党」54.1%、「たちあがれ日本」52.9%、「民主党」40.9%となりました。

Q4.今後の原発政策について、どうすべきだと思いますか?

今後の原発政策については、「徐々に減らしていき、いずれは全廃するべき」58.6%が最も高く、次いで「安全性の向上を計り、原発を減らす必要はない」30.5%、「すぐにでも原発を全廃するべき」10.9%となりました。「徐々に減らしていき、いずれは全廃するべき」、「すぐにでも原発を全廃するべき」の合計は69.5%となっています。

男女別にみると、「徐々に減らしていき、いずれは全廃するべき」との回答の割合は、「女性(64.7%)」の方が「男性(53.0%)」より11.7ポイント多く、「安全性の向上を計り、原発を減らす必要はない」との回答の割合は、「男性(36.5%)」の方が「女性(23.8%)」より12.7ポイント多いなど傾向に違いが見られました。

年代別では20代~50代以上の間で、年代が高くなるほど「すぐにでも原発を全廃するべき」との回答の割合が高くなる傾向が見られました。

都道府県別に見ると、「すぐにでも原発を全廃するべき」との割合がもっとも高かったのは、「福島県」の15.7%、一方「安全性の向上を計り、原発を減らす必要はない」との割合がもっとも高かったのは「福井県」の41.5%となっており、それぞれ他の自治体より抜きん出ています。

支持政党ごとに、「徐々に減らしていき、いずれは全廃するべき」、「すぐにでも原発を全廃するべき」の合計を見ていくと、「共産党」82.8%が最も多く、次いで「国民の生活が第一」80.3%、「社民党」79.9%となりました。 一方、「安全性の向上を計り、原発を減らす必要はない」との割合がもっとも高かったのは「自民党」38.9%、「たちあがれ日本」38.6%、「新党きづな」32.7%となりました。

Q5.もし、自分の住んでいる町に原発が建設されることになったら、賛成しますか? 反対しますか?

もし、自分の住んでいる町に原発が建設されることになったらどうするかについては、「反対する」49.6%が最も多く、次いで「どちらとも言えない」36.3%、「賛成」14.1%となりました。

男女別にみると、「反対」との回答の割合は、「女性(56.3%)」の方が「男性(43.3%)」より13.0ポイント多く、「賛成」との回答の割合は、「男性(19.6%)」の方が「女性(8.3%)」より11.3ポイント多いなど傾向に違いが見られました。

年代別では10代以下を除くと、年代が高くなるほど「反対」との回答の割合が高くなる傾向が見られました。

都道府県別に見ると、「反対」との割合がもっとも高かったのは、「福島県」56.8%、「沖縄県」56.6%、「山形県」53.7%、一方「賛成」との割合が高かったのは「福井県」20.8%、「島根県」19.8%、「佐賀県」18.5%で、いずれも原発立地県となっています。

Q6.毎週金曜日に首相官邸前で行われているデモを始め、日本各地で原発反対を訴えるデモや集会が開催されています。これらの活動を支持しますか?

毎週金曜日に首相官邸前で行われているデモを始め、日本各地で原発反対を訴えるデモや集会等を支持するか否かについては、「どちらとも言えない」37.0%と「支持しない」36.7%が拮抗し、「支持する」は26.3%となりました。

男女別にみると、「どちらとも言えない」との回答の割合は、「女性(43.0%)」の方が「男性(31.4%)」より11.6ポイント多く、「支持しない」との回答の割合は、「男性(42.9%)」の方が「女性(29.9%)」より13.0ポイント多いなど傾向に違いが見られました。

年代別では、20代~50代以上の間で、年代が高くなるほど「支持する」との回答の割合が高くなる傾向が見られました。

支持政党別で見ると、「支持しない」上位は、「たちあがれ日本」63.2%、「自民党」55.9%、「民主党」37.8%となり、一方「支持する」では、「共産党」50.8%、「国民の生活が第一」50.1%、「社民党」48.9%が上位となりました。

Q7.脱原発デモ(集会)に参加したことがありますか?

脱原発デモ(集会)への参加については、「参加したくない」80.2%がもっとも多く、8割を超えました。次いで「ないが参加してみたい」16.5%、「ある」は3.3%となりました。

男女間で大きな差は見られませんでした。

年代別では、10代以下を除くと、年代が高くなるほど「(脱原発デモに)参加してみたい」との回答の割合が高くなる傾向が見られました。

Q8.原発デモに参加するきっかけはなんでしたか?(Q7で「参加したことがあると回答者のみ対象」)

原発デモに参加するきっかけはなんだったかについては、「フェイスブックでの開催告知を見た」30.8%と「ツイッターでの開催告知を見た」28.1%が突出しています。「その他」12.6%となりました。

ツイッターに関しては男女間で差がないのに対して、「フェイスブックでの開催告知を見た」との回答の割合は、「男性(35.2%)」の方が「女性(23.2%)」より12.0ポイント多いなど傾向に違いが見られました。

また、10代以下を除き、年代が高くなるほど「ツイッターでの開催告知を見た」との回答が高くなる一方で、年代が高くなるほど「フェイスブックでの開催告知を見た」との回答の割合が低くなる傾向が見られました。

Q9.原発に関する情報を取得することが、もっとも多いメディアはどこですか?

原発に関する情報を取得することがもっとも多いメディアはどこかについては、「インターネット」44.5%、「テレビ」41.4%、「新聞」7.4%となりました。

男女別にみると、「テレビ」との回答の割合は、「女性(46.5%)」の方が「男性(36.6%)」より9.9ポイント多いなど傾向に違いが見られました。

年代別で見ると、30代、40代、50代以上で「インターネット」との回答の割合が50%を超えました。一方、「テレビ」については10代以下55.4%、20代42.5%が他の年代より抜きん出る結果となりました。

Q10.インターネットにおいて、原発に関する情報をもっとも多く取得するサイトはどこですか?(Q9で「インターネット」と答えた方のみ)

インターネットにおいて、原発に関する情報をもっとも多く取得するサイトはどこかについては、「新聞社サイト・各種ニュースポータル」33.6%が最も多く、次いで「2ちゃんねる」18.9%、「その他」15.7%、「ツイッター」14.1%となりました。

男女別にみると、「ツイッター」との回答の割合は、「女性」19.9%の方が「男性」9.6%より10.3ポイント多いなど傾向に違いが見られました。

年代間で大きな差は見られませんでした。

Q11.年内にも行われる可能性がある次回の総選挙(衆院選)において、投票先を選ぶにあたり、候補者や政党の「原発政策」を重視しますか?

年内にも行われる可能性がある次回の総選挙(衆院選)において、候補者や政党の「原発政策」を重視するか否かについては、「重視はしないが考慮には入れる」62.1%、「重視する」22.6%で8割強を占めました。「重視しない」は15.3%となりました。

男女間で大きな差は見られませんでした。年代別では10代以下を除くと、年代が高くなるほど「重視する」との回答の割合が高くなる傾向が見られました。

支持政党別で見ると「(原発政策を)重視する」上位は「国民の生活が第一」支持層41.8%、「日本共産党」支持層38.5%、「社会民主党」支持層38.3%となりました。

Q12.次回の総選挙(衆院選)において、どの政党を支持したいと思っていますか?

次回の総選挙(衆院選)において、どの政党を支持するかについては、「自民党」22.4%、「大阪維新の会」8.2%、「民主党」4.3%、「みんなの党」3.9%、「国民の生活が第一」2.7%、「日本共産党」2.7%、「たちあがれ日本」1.8%、「公明党」1.6%となりました。「その他」は6.4%でした。なお、支持政党については、「無回答」が43.4%に達しています。





 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント:


管理者にだけ表示を許可する
自民党そんなに支持あるんですか
今日発売の「週刊文春」では、維新が60近く議席を取るようですね。
相変わらず、公明党支持層は「ステルス」ですね
Re: 自民党そんなに支持あるんですか
いっぷくさん
コメントありがとうございます。

私は、民主党の支持の少なさに驚きました。

それと、仮に、全国的に満遍なく支持されている「日本共産党」2.7%、特定地域に支持層が固まっている「公明党」1.6%だった場合、小選挙区の議席獲得数は「公明党 > 日本共産党」になるような気がします。それとも、創価学会の方にニコニコ動画ユーザーが少ないのでしょうか。まったく分かりませんがw

  • ばたお
  • URL
  • 2012-08-31(金)00:10 [編集]
ニコ生の特性
ニコ生は自民党支持者がやたら多いのが特徴ですね
工作員がいるんじゃないかと思うくらい
ネットとは思えないくらい保守的な意見が多いです

ニコ生の討論番組で反原発のコメントが多かったのですが、後でタイムシフトをみる反原発のコメントが結構消されてました
ニコ生の運営は原発マネーをつかまされているのかもしれません。
  • 悟空
  • URL
  • 2012-09-02(日)17:45 [編集]
Re: ニコ生の特性
悟空さん
コメントありがとうございます。

> 反原発のコメントが結構消されてました
そうなんですか!
それは、けしからん事態ですね。
  • ばたお
  • URL
  • 2012-09-03(月)23:18 [編集]

トラックバック:

プロフィール

ばたお

Author:ばたお
・1983年大阪府生まれ。大阪府河内長野市在住
・半自給農民、工場非常勤。できるだけ稼がず、できるだけ消費しません。シェアハウス運営
・土と暮らし研究会

【ツイッター】@BATAO_Hetare
【スカイプ】batao2.0
【PCメール】ba1234tao@gmail.com

Twitter

最新記事

全記事表示

記事検索

月別アーカイブ

カテゴリ

半農半活動 (22)
脱競争・脱成長 (27)
社会運動 (16)
家庭菜園 (68)
ばたおの「超意欲的ニート」生活 (34)
食料問題・農業問題 (22)
思想 (88)
文化 (36)
科学 (15)
社会 (106)
労働・貧困・経済格差 (84)
メディア (31)
原発・エネルギー (57)
憲法改正問題 (9)
国際 (45)
ばたお的議会改革案 (8)
「〈橋下なもの〉に感じる違和感」への違和感 (7)
「分かりやすさ」の陥穽――『おいしいコーヒーの真実』を批判する (6)
ポストモダン歴史学の批判的検討 (13)
格差肯定論――階級間平等社会へ (4)
新自由主義と正社員 (7)
ばたおの「現代政治学」案内 (5)
社会学としてのライトノベル論 (16)
AKB48関連 (90)
ハイコンテクストとしての平嶋夏海論 (14)
ゴリマがつくる「事実」――平嶋夏海なき平嶋夏海論 (4)
AKB48平嶋夏海・解雇関連 (19)
「平嶋的なもの」を解体する――間接的な平嶋夏海擁護論 (7)
渡辺麻友から読む平嶋夏海 (7)
SKE48松村香織とサイバー空間 (11)
平嶋夏海と松村香織 (1)
HKT48騒動 (9)
ボリシェヴィキの結成とロシア革命 (9)
高校生日記 (5)
ばたおの〈マジキチ読書〉 (22)
ばたおの〈マジキチ映画鑑賞〉 (1)
ばたおとだめお (12)
ツイートまとめ(1) (150)
ツイートまとめ(2) (150)
ツイートまとめ(3) (150)
ツイートまとめ(4) (150)
ツイートまとめ(5) (30)
未分類 (16)

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

FC2ブログランキング

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。