スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

小沢新党「国民の生活が第一」に期待するしかないという追い込まれた状況……Orz

昨日(2012/7/11)、消費増税に反対して民主党を除名された小沢一郎さんが、新党を結成した。名称は、先日に結成した会派と同じ「国民の生活が第一」だ。周知の通り、この名前は民主党のキャッチコピーをパクったものであり、言外に民主党をディスっている。結党大会では、消費増税関連法案を撤回させ、「脱原発」の方向性を鮮明にする方針が示された。


●2012/7/11  小沢新党:「国民の生活が第一」旗揚げ 49議員が参加――毎日jp

民主党を除籍(除名)された小沢一郎元代表は11日(注――2012/7/11)、自ら代表を務める新党「国民の生活が第一」の結党大会を国会近くの憲政記念館で開いた。新党には小沢氏を含む衆院37人、参院12人の計49議員が参加した。小沢氏はあいさつで「消費増税法案を撤回させるべく行動する決意だ」と語るとともに「新たなエネルギー開発に努める脱原発の方向性を鮮明にする」と強調。次期衆院選へ向け「反増税・脱原発」を訴えていく姿勢を示した。

大会では小沢氏の選対委員長兼務や、山岡賢次代表代行、東祥三幹事長らの役員人事も決定した。

09年衆院選で民主党が掲げた「国民の生活が第一」を党名としたことについては、新党の綱領で「09年の政権交代に対して負託された民意」に触れ「国民との約束は誠実に順守する必要がある」と強調。民主党に代わってマニフェストの実現に取り組むことを主眼とする綱領となった。



    小沢新党「国民の生活が第一」


はっきり言って、私は小沢さんが嫌いである。しかしながら、背に腹はかえられない。橋下徹・大阪市長も「原発容認」に寝返った(※)今、もはや私たちは小沢新党に期待するしかない。残念ながら、それほどまでに事態は追い込まれているのだ。


……それにしても、「国民の生活が第一」というネーミングは、(前々から分かっていたとは言え)やや破れかぶれではないだろうか。今にして思えば、「みんなの党」という名前はまだマシな部類だったと言えるだろう。



(※)
私は橋下さんがあまり好きではないものの、彼が選挙の際の公約を実行している限りにおいては、「ポピュリスト」として非常に高く評価していた(詳しくは、「リアリティの欠如とエリート主義――「〈橋下なもの〉に感じる違和感」への違和感」を参照されたい)。実際、彼は「民意は我にあり」という論法で、様々な学者や専門家をディスってきた。しかしながら、「原発容認」というのは公約違反である。選挙の際、彼は確かに「脱原発」を唱えていた。

もはや「ポピュリスト」ではなくなった橋下さんは、自らの市長としての正統性を喪失したと言える。従って、彼は大阪市長を今すぐに辞任しなければならないのではないだろうか。この要求は、これまで「ポピュリスト」として橋下さんを支持してきた者(例えば、私・ばたお)による真っ当な声であり、端的に身も蓋もない論理的な帰結でもある。




 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント:


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

小沢新党:「国民の生活が第一」旗揚げ  脱原発、反消費増税は選挙目当て\(*`∧´)/

わたくしごとでは ありますが、明日は 人間ドック。 13日の金曜日と いうのも自虐的な 感じがしてよいと 選んだんですが。 よくみると、今日は 「人間ドックの日」 じゃな [続きを読む]

  • 自分なりの判断のご紹介
  • 2012-07-12(木)19:03

プロフィール

ばたお

Author:ばたお
・1983年大阪府生まれ。大阪府河内長野市在住
・半自給農民、工場非常勤。できるだけ稼がず、できるだけ消費しません。シェアハウス運営
・土と暮らし研究会

【ツイッター】@BATAO_Hetare
【スカイプ】batao2.0
【PCメール】ba1234tao@gmail.com

Twitter

最新記事

全記事表示

記事検索

月別アーカイブ

カテゴリ

半農半活動 (22)
脱競争・脱成長 (27)
社会運動 (16)
家庭菜園 (68)
ばたおの「超意欲的ニート」生活 (34)
食料問題・農業問題 (22)
思想 (88)
文化 (36)
科学 (15)
社会 (106)
労働・貧困・経済格差 (84)
メディア (31)
原発・エネルギー (57)
憲法改正問題 (9)
国際 (45)
ばたお的議会改革案 (8)
「〈橋下なもの〉に感じる違和感」への違和感 (7)
「分かりやすさ」の陥穽――『おいしいコーヒーの真実』を批判する (6)
ポストモダン歴史学の批判的検討 (13)
格差肯定論――階級間平等社会へ (4)
新自由主義と正社員 (7)
ばたおの「現代政治学」案内 (5)
社会学としてのライトノベル論 (16)
AKB48関連 (90)
ハイコンテクストとしての平嶋夏海論 (14)
ゴリマがつくる「事実」――平嶋夏海なき平嶋夏海論 (4)
AKB48平嶋夏海・解雇関連 (19)
「平嶋的なもの」を解体する――間接的な平嶋夏海擁護論 (7)
渡辺麻友から読む平嶋夏海 (7)
SKE48松村香織とサイバー空間 (11)
平嶋夏海と松村香織 (1)
HKT48騒動 (9)
ボリシェヴィキの結成とロシア革命 (9)
高校生日記 (5)
ばたおの〈マジキチ読書〉 (22)
ばたおの〈マジキチ映画鑑賞〉 (1)
ばたおとだめお (12)
ツイートまとめ(1) (150)
ツイートまとめ(2) (150)
ツイートまとめ(3) (150)
ツイートまとめ(4) (150)
ツイートまとめ(5) (30)
未分類 (16)

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

FC2ブログランキング

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。