スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:を見る(-)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

02/27のツイートまとめ

BATAO_Hetare

死ぬこと自体は別に構わないのだが、死んだ後にどうなるのか何も分からないのが嫌だ。その不安と恐怖こそが、神を作り、宗教を生み出したのだろう。「神などいなければ、宗教も嘘っぱちだ。死んだら無である」というのも、ひとつの宗教的な妄信――つまりは願望に過ぎない。
02-27 04:00

ツイ禁するぞ(n回目)
02-27 05:11

ここはどこ? わたしはだれ?
02-27 17:55

死に物狂いにならねば、実際のところはなかなか死ねない。
02-27 17:58

「如何にしてお金を稼ぎ使って生きていくか」を考え実践するのはつまらないが、「如何にしてお金を稼がず使わず死んでいくか」を考え実践するのは一興である。
02-27 18:11

スポンサーサイト

コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

02/26のツイートまとめ

BATAO_Hetare

RT @Akatsuki_hss: これが、京大。入試前日。 http://t.co/tgXfru52PX
02-26 01:42

RT @ZKAI_no_DOG: うーんなんとも#折田先生2015 http://t.co/DItPYzhdWa
02-26 01:43

RT @ZKAI_no_DOG: 寝てたら突如自分の計算ミスを思い出して起きた。不合格を確信。
02-26 01:43

あとは知恵袋に頼るしかない。 http://t.co/sncAsBGbts
02-26 01:46

http://t.co/Rg52rQ6HQaavex14歳アイドル解雇-裏アカで「自民党しねよおおお」「オタクとバスツアー」「エイベックソ」等のツイート見つかる――Gラボ
02-26 01:52

RT @nwap_j20: 物に溢れた社会、便利な社会、お金で何でも買える社会。足りないものなんてない、けど無駄なものも多い。時間を短縮できるようになった、でもより時間に縛られるようになった。お金で何でも解決できるようになった、でもお金がない人は…。代償が大きすぎると思うの…
02-26 01:57

RT @keihan8051: 「労組は政治活動などせずに労働運動だけしろ」と言うのを本当に実行してしまったら、あっという間に当局に都合の良い労働者が出来上がってしまうだけなのではないか。労働運動なき労働組合が良いと言うつもりは毛頭ないが。
02-26 01:58

政治活動をしない労働組合があってもいいが、それでは運動がジリ貧になるのを覚悟する必要がある。もっとも、現状の労働組合の多くは政治活動できない状態にまで撤退を強いられているような気もする。
02-26 02:04

「労働組合運動は嫌だ」とか「政治活動する労働組合は嫌だ」とか、そういった態度も労働者の自由である。もっとも、その態度を貫くには「労働条件が悪化し続けてもまた仕方がない」と許容できる強さも必要となる。
02-26 02:10

RT @keihan8051: 「自覚的規律」この言葉好き
02-26 02:26

『革命的気概と自覚的規律――共産党員の修養』 http://t.co/J2GJLrRUOK
02-26 02:27

アメリカの富裕層の半数が「貧困層は気楽」という認識らしいが、富裕層には貧困層とは異なる質のしんどさがある気がするので、特に悪意はないのだと思う。だからこそ、問題はより深刻なのだろう。・http://t.co/P3BFC7b3KF富裕層の半数強、「貧困層は気楽」と認識 米調査
02-26 03:05

「上位1%が富の48%を持っている」という事実よりも、「上位20%が富の94%を持っている」という事実の方に注目したい。僕たち日本人のほとんどは、その上位20%に入っているだろうからだ。・http://t.co/3oBiWVit021%の富裕層、世界の富の半分を保有へ
02-26 03:10

今週の「生活と健康を守る新聞」もまた興味深い。無年金なのでヘルパーとして働き月8万円の収入を得ている77歳の会員(生活と健康を守る会)の女性や、豚のレバーをウスターソースで煮込むだけという料理などが紹介されている。
02-26 04:05

RT @hnhk1: 高齢者が優遇されて若者が冷遇されているという。しかし、優遇された高齢者の年金のおこぼれに預かったり、その居宅を相続できる人も多いのでは。本当に冷遇されているのは、親を扶養したあげく、相続財産ゼロの若者だ。
02-26 04:48

高齢層と若年層の世代間格差は確かにあるのだろうが、それは階級格差に内包されると思う。実際、生きた年月が蓄積される分だけ若年者間よりも高齢者間の方が格差が激しく、その格差を若年層は親子の縁が切れていない限り受け継ぐのだから、そうしたハウスホールドの概念こそを押さえておく必要がある。
02-26 04:52

『もののけ姫』から「自然を守ろう」という含意を受け取る人が多いようだが、僕には「自然の理不尽な怖ろしさ」が描かれているとしか思えない。自然の象徴であるシシ神は、森を守る勢力と破壊する勢力のどちらにも理不尽な仕打ちをしているし、劇中では意味不明で強大な自然にただ怖れ慄くほかない。
02-26 05:25

RT @P_Project1984R: 家があるときは、月6万で生きてたから、家賃が極端に少なければパートでもいいんだな。
02-26 05:59

【ばたおとだめお】第11回 パート事情から考える労働問題と生き方http://t.co/AN3G4HvJA3
02-26 06:00

できるだけ定時ぎりぎりに出勤することを旨としている。なので、だいたい3分前ぐらいに着くようにしているが、たまに6分前に着いたりすると「しもた!」と思う。
02-26 16:29

勤務先のおっちゃんやおばちゃんであるが、方言がキツくてたまに何を言っているか分からない。
02-26 16:32

勤務先の工場ではアメやらキャラメルやらチョコレートやらが準備されていることがあり、それをむしゃむしゃと食べながら働くことができる。僕の場合は、ほとんどお菓子を食べるために出勤していると言っても過言ではない。
02-26 16:36

政治意識の高い人が多くなければ、社会の変革は困難であるような気がする。しかし、政治意識の高い人が自分の政治信条に賛同するかどうかは別問題であるし、強固な反対派になる可能性もある。ということは、説得対象が減るという意味で、政治的無関心層が多いほど社会の変革は容易なのかも知れない。
02-26 21:42

相手を批判する様を見て「内ゲバだ」と言う人がいるが、内ゲバというのは相手の運動を妨害して潰そうとしたり、相手に暴力を振るって殺そうとしたりすることを指すのだと思う。もっとも、そうした内ゲバをする人は相手を「内」だと思っていない場合がほとんどなので、その批判はあまり意味を成さない。
02-26 22:04

僕は何かを批判する場合があるが、そのほとんどは潜在的に期待する相手にしか向けられていない。打倒すべき敵をわざわざ批判しても意味がないどころか、そこから学ばれても厄介だからだ。
02-26 22:12

人類社会とて永遠に続くことはない。なので、「如何にして人類社会が終焉していくのか」という視点も大切にしたい。
02-26 22:21

コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

【ばたおとだめお】第11回 パート事情から考える労働問題と生き方

◆第11回 パート事情から考える労働問題と生き方
 


  ・ばたお
    ブログ : http://hannouhankatsudou.blog.fc2.com/
    Twitter ID : @BATAO_Hetare

  ・だめお(hnhk)
    ブログ : http://hnhk.blog.so-net.ne.jp/
    Twitter ID : @hnhk1




にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ



FC2ブログランキングへ



コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

1%の富裕層、世界の富の半分を保有へ

「上位1%が富の48%を持っている」という事実よりも、「上位20%が富の94%を持っている」という事実の方に注目したい。私たち日本人のほとんどは、その上位20%に入っているだろうからだ。


●2015/1/20  1%の富裕層、世界の富の半分を保有へ――CNN.co.jp

世界の人口の1%の富裕層がもつ資産の総額は来年までに、残る99%の人口の資産を合わせた額と同程度になるという推計を、国際支援団体のオックスファムが19日に発表した。また、世界の富裕層上位80人の資産総額は、貧困層35億人の資産総額に匹敵するという。

今回の推計によると、1%の富裕層が握る資産が世界の富に占める割合は、2009年の44%から、14年は48%に増加した。このままのペースが続けば来年までには50%を超す見通し。

残る52%の富についても、人口の5分の1の比較的豊かな層が46%を握っていて、その他の層が握る割合は世界全体の資産のわずか5.5%にとどまる。

昨年の大人1人当たりの資産額は平均で3851ドル(約45万円)。これに対して富裕層の資産額は平均270万ドル(約3億円)だった。

スイス・ダボスで始まる世界経済フォーラムの年次総会で共同議長を務めるオックスファム幹部のウィニー・ビヤニマ氏は、各国の首脳に対して広がる格差問題への対応を呼びかける方針。「富裕層とそれ以外の層との格差は急速に拡大しつつある」「より公正で、より豊かな世界の妨げとなっている既得権者に立ち向かうべき時だ」と指摘している。





にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ



FC2ブログランキングへ



コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

富裕層の半数強、「貧困層は気楽」と認識 米調査

アメリカの富裕層の半数が「貧困層は気楽」という認識を持っているらしいが、富裕層には貧困層とは異なる質のしんどさがある気がするので、特に悪意はないのだと思う。だからこそ、問題はより深刻なのだろう。


●2015/1/12  富裕層の半数強、「貧困層は気楽」と認識 米調査――CNN.co.jp

「貧困層は何もせずに政府の手当てをもらって気楽に暮らしている」――。米国の富裕層の54%が貧困層に対してそんな認識を持っていることが、調査機関ピュー・リサーチ・センターの調査で分かった。

これに対して「貧困層は政府の手当てでは満足な暮らしができず、厳しい生活を送っている」との見方を示したのは富裕層の36%にとどまっている。

調査は富裕層と貧困層の両方を対象に実施され、政府の貧困層支援対策に対する認識の違いが浮き彫りになった。

貧困層支援のために政府が果たすべき役割については、富裕層の60%強が「政府にこれ以上のことをできる余裕はない」と答えたのに対し、貧困層の60%は、たとえ国の借金が増えることになったとしても、政府は支援を強化すべきだと回答した。

企業の利益についても、富裕層の大半が「公正かつ合理的」とみなしているのに対し、貧困層は65%は「儲け過ぎ」と見ていることが分かった。

一方、移民に対する考え方では、富裕層の約65%、貧困層の51%が「働き者で才能のある移民が国を豊かにしてくれる」と回答。移民は国の負担になると答えたのは富裕層の27%、貧困層の44%といずれも少数派だった。





にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ



FC2ブログランキングへ



コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

02/25のツイートまとめ

BATAO_Hetare

RT @Peace_L10mg: 社会は働いて金稼がないと生きていけないってよく考えるとすごい。鬱病になったら死ぬということじゃん。
02-25 02:13

RT @sunpower92: ホワイト感あふれるお詫び http://t.co/hpXJO8o59j
02-25 02:15

●格差社会で育った子どもたち 上と下、2人の人生→http://t.co/4aEJxnjfTc
02-25 02:48

RT @Keivich: プロフに「りべるたん代表」って書いてからフォロワーが急に増え始めた。怖い。
02-25 03:32

りべるたん代表とか、、、怖い。
02-25 03:33

死ぬー。死ぬー。死ぬー。
02-25 18:01

死を忌避し隠蔽する社会は、生きづらい。
02-25 18:03

コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

02/24のツイートまとめ

BATAO_Hetare

勤め先の工場のある先輩には、小遣いがない。子供が2人いるし、無駄の出費はできないからだろう。で、その彼が奥さんにあるゲームソフトを買ってくれと頼み込んでいるらしいが、以前に買ってもらったものの全然プレイしていないゲームを全クリするまではダメだと言われているという(;ω;)
02-24 00:31

世界を見渡せば貧困でも結婚して子供を作っている人はたくさんいるし、日本国内だけを見ても同じである。なので、僕は少子化の主要因は貧困ではなく、端に非モテが増えたからだと思う。金持ちほど結婚して子供を作っているという事実は、お金を稼ぐ能力が高い人ほどモテる能力も高いからなのだろう。
02-24 00:47

「仕事ができて出世するのは、多趣味で、友人も多く、異性のナンパも上手い人だ」と言われることがあるが、その通りであるような気がする。いつまでも実家暮らしで、趣味もなく、友人もおらず、ボチボチしか働いていない人が悪いとは思わないが、そんな人が誰かから結婚してほしいとは思われないだろう
02-24 01:00

モテるためには、容姿・趣味・学力・器用さ・コミュニケーション能力といった全人間的な総合力が試される。非モテには価値がないと言いたいわけではないが、やはりモテる人間は非モテよりも能力全般において優れており、従って「貧困だからモテない」のではなく、「非モテだから貧困になるのだ」と思う
02-24 01:11

先週の日曜日に阪堺電車という全区間210円の路面電車に乗っていたのだが、隣に座っていた子供が「ワレワレハ宇宙人ダ」とずっと言っていて、さらにその隣の母親らしき人が「世の中の人がみんなやさしいわけじゃないから、電車の中でそんなこと言っていたらアカン」とずっと言っていた(;゚Д゚))
02-24 01:50

責任を取りたくないから「私に責任はない」と強弁する人は古来からいるが、「責任は私にある」と声高に叫びながら責任を全然取らない様は新しいような気がする。安倍首相を見ていると、そう思う。
02-24 02:29

RT @poNta_niwaka: @BATAO_Hetare 安倍の頭の中では、責任とは、権限に近い意味なんだと思いますね、だから、責任を認める=自分の地位の確認、示威みたいな感じだと思いますよ。
02-24 13:38

なるほど。言い得て妙だ。
02-24 13:39

明日と明後日は京大の入試なのか。で、今日は下見の日なわけであるが、下見というのはそもそも公式に設定されるものではなく、やりたい人が勝手にやるものであるような気がする。 http://t.co/Cgc1s0gLmX
02-24 13:44

たこ焼きを食べたいが、別に死ぬほど食べたいわけでもなければ、食べなければ死ぬわけでもないので、そんなことをわざわざ呟く意義などないと言えるだろう。
02-24 20:54

議論には2種類ある。目指すべき方向性がある程度同じで、互いに歩み寄る姿勢がある場合と、目指すべき方向性がまるで異なり、互いに歩み寄る姿勢もない場合だ。後者の場合は相手への説得に意味がないので、「オーディエンスにどう見られるか」という第三者への影響を重視した振る舞いをする方がいい。
02-24 21:04

「成熟する」とは、思春期的な悩みや中二病的な問いからの逃避を意味している。つまり、ただ生きるために働き、その合間に娯楽に興じる者こそを「大人」と呼ぶのかも知れない。
02-24 21:49

コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

読書会『資本主義の終焉と歴史の危機』(2014年12月)報告

遅くなりましたが、2014年12月に開催した水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』読書会の報告です。

『資本主義の終焉と歴史の危機』読書会報告――半農半活動ネット公式ブログより



●関連記事
 → 【お知らせ】読書会『資本主義の終焉と歴史の危機』を開催します。




にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ



FC2ブログランキングへ



コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

格差社会で育った子どもたち 上と下、2人の人生

●2015/1/13  格差社会で育った子どもたち 上と下、2人の人生――朝日新聞デジタル

格差社会には、上と下がある。ふたつの世界で育った子どもは、何がどう違うのだろう。お金、教育、考え方……。同じ東京に住みながら、互いの存在をほとんど知らない。専門家がふたつの世界の「分断が進んでいる」と警鐘を鳴らすなか、もうひとつの世界に足を踏み入れた、2人の大学生に会った。

■「日本の貧困、知らなかった」ユミさんの場合

「貧困は、海外の話だと思ってました。日本にもあるって知らなかった」。慶応大4年のユミさん(23)は言う。父は大学の教員で、母は小中学校の教師。東京都世田谷区の一軒家で育った。小学校は区立に通い、中高は都内で名の知れた私立の一貫校に進んだ。

小学生の頃、近所の団地に住む子の家に遊びに行った。「うちより狭いな」と思った。団地より一軒家の方が「ランクが上」らしい。そもそも世田谷は、お金持ちが多いみたい。大きくなるにつれて、なんとなく理解していった。ただ、それ以上、何かを考えることはなかった。

大学1年と2年の冬、フィリピンの貧困地域を訪ねるツアーに参加した。小学生の時に母から教わったユニセフの活動に興味があった。「貧困の子どもたちを助けたい」と、あの時は純粋に思っていた。でも「かわいそうな子を助ける」という「上から目線」だったなと、今は思う。

人を助けるだけでは、彼らの生活は変わらない。変えるべきなのは、社会の仕組み。現地で暮らす子に会い、話し、初めて気付いた。そして、「日本にもこういう子がいるんじゃない?」と、疑問が湧いた。帰国後、検索サイトに「低所得 ボランティア」と打ち込み、調べ始めた。

ちょうど同じ頃、母の勤務先が、貧困家庭が多い地域の小学校に変わった。低所得家庭には、学力が低い子が多いこと。風呂に毎日入れない子がいること。「やっぱり日本にも貧困はあるんだ」。同じ東京でも、地域が違えば世界が違うと、母の話で実感した。

自分とまるで違う環境で育った子がいる。そう理解した時、ユミさんは、「見たい」ではなく「解決したい」と思った。

すぐに、貧困家庭の子どもに勉強を教えるボランティアを始めた。都内で低所得家庭の中学生向けに開かれている無料学習教室だ。

なぜ、近くにある貧困に気付かなかったのか。ユミさんは答える。「自分の周りは似た環境の子が多くて、貧困の子はいなかった」。友人の多くは今も、身近な貧困を知らない。

■母からの虐待、施設を経て…孝典さんの場合

「僕たちは、すごく狭い世界にいた。今になって、よくわかります」。東洋大2年の久波(くば)孝典さん(21)は言う。

幼い頃、両親は互いに暴力をふるっていた。小2の時、父はマンションから飛び降りた。母は働かず、久波さんへの態度は、激しさを増す。何時までにドリルを終わらせないと食事抜き。できるわけのない課題を出され、できないと殴られ、首を絞められ、下着姿で家から出される。家出を繰り返すようになった。

小5の冬、母はビニールテープで輪を作り、天井からつるして言った。「死ねよ」。死んでもいいかと、ぶら下がった。気が付いたら、テープは切れていた。

それからすぐ、小平市の児童養護施設「二葉むさしが丘学園」に入った。天国だと思った。だって、自由に遊べる。ご飯も出る。

「俺ら税金で暮らしてるからなあ」。自分や施設の他の子が時々口にした言葉だ。学校の同級生を見て、普通は両親がいて、欲しい物をねだると買ってもらえるらしい、と知った。うらやましくはなかった。

できるわけがないから、最初から望むこともない。目の前にあるものを受け取るだけ。他の世界を知ろうとも思わない。受け身の姿勢が、自分と周りの子には共通していたように思う。「大学に行きたい」と言いつつ、何もしないまま高校を卒業し、18歳で施設を出た。

施設出身者を支援する「自立援助ホーム」に移って1年。コンビニのバイトで月収10万円の生活の中、知人から、あるコンテストを見に行こうと誘われた。「私はこんな夢に取り組んでいる」と発表し、魅力を競うというもの。新しい乗り物の開発、途上国の支援……。壇上の人々は、目を輝かせて熱く語っていた。

ふと「自分に足りないのは、これだ」と感じた。この人たちは「できるわけない」なんて考えていない。「できる」と信じている。

自分にも「できる」ことを探そうと、大学に行くことを決めた。働きながら通える夜間の学部に合格。施設出身者が受けられる給付型の奨学金を3つ受け、巣鴨で1人で暮らす。

久波さんは、お金の心配なく大学で学ぶ今を「恵まれている」と言う。友人の多くは、今も「恵まれない」まま。「恵まれた」世界を知らないまま。その差はなんだったのか。「運です」。短い答えだった。

■6人に1人の子どもが貧困

日本の子どもの貧困率(17歳以下)は、上がり続けている。

厚生労働省の調査では、2012年の子どもの貧困率は16.3%で、6人に1人。ひとり親世帯に限ると2人に1人だ。

子どもの教育格差の解消に取り組む公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」(本部・兵庫県西宮市 http://cfc.or.jp/)の今井悠介代表(28)は「多くの人は『本当に6人に1人もいるのか』と実感を持てずにいる。子どもの貧困は見えにくい」と語る。

「百円均一」店や低価格ファッションがあるため、外見では経済的な差がわかりにくい。今井さんは「貧困層と富裕層で住む地域やコミュニティの分断が進んでいて、違う境遇の子に出会う機会が減っている。特に都市部は格差が大きいと感じる。東京は、地域ごとに貧困家庭と裕福な家庭が分かれて集中している印象だ」と指摘する。

貧困によって、子どもたちは、進学など多くの人には当たり前にある機会を奪われている。

ただ、時代によって多くの人にとって「当たり前にあるべきもの」は変わる。例えば、第2次世界大戦時は、多くの人が衣食住に困った。しかし今は、塾に通うのが当たり前で、都内の大学進学率は7割にもなる。その中で、自分の努力ではどうしようもない理由で進学や夢をあきらめるのは、子どもにとって精神的なストレスが大きい。

国立社会保障・人口問題研究所の阿部彩・社会保障応用分析研究部長らのチームは、2008年、市民1800人を対象に「現在の日本社会ですべての子どもに与えられるべきもの」に関する意識調査を実施した。

半数以上が「全ての子どもに絶対に与えられるべきである」と答えた項目は、全26項目のうち「朝ご飯」「医者に行く」「手作りの夕食」など8項目のみ。このほかは、半数以下だった。例えば、「短大・大学までの教育」42.8%、「誕生日のお祝い」35.8%、「子ども用の勉強机」21.4%、「親が必要と思った場合塾に行く」13.7%など。

1999年の英国の同様の調査では、「趣味やレジャー活動(90%)」「おもちゃ(84%)」といった教育に直接結びつかない項目でも、「必要である」との回答が多い。





にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ



FC2ブログランキングへ



コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

02/23のツイートまとめ

BATAO_Hetare

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare バカなの?
02-23 02:10

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare 変態なの?
02-23 02:10

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare ムラムラしてるの?
02-23 02:10

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare オナニーしてる?
02-23 02:11

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare 31歳・・・人生終わってるの?
02-23 02:11

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare 参加者1名なの?
02-23 02:11

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare 何でシナ内の?
02-23 02:11

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare あたま弱いの?
02-23 02:11

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare さすがバカだね。
02-23 02:11

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare でもオナニー毎日してるじゃん。
02-23 02:11

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare らくだの子孫なの?
02-23 02:11

RT @jiyunn555: @BATAO_Hetare 一人で分かち合って下さい。
02-23 02:11

日夜送り届けられるクソリプたちに人間の業を感じる。もしかすると、ツイッターとは人間の業の現れなのかも知れない。
02-23 02:12

クソリプを生業としている人たちを、これからはクソリプ者と呼んでいきたい。
02-23 02:13

僕たちがクソリプをしないで済んでいるのは、もしかするとクソリプをする人たちのおかげなのかも知れない。クソリプをしない僕たちがペルソナだとすれば、クソリプ者とはそのシャドーというわけだ。
02-23 02:17

クソリプ者もまた、僕たちと同じように悩み苦しみながら日々の生活を送っているのかも知れない。例えばイエス・キリストならば、すべてのクソリプ者を憐れみ、赦し、癒したのだろうし、たまには彼/彼女らの人生に思いを馳せるのも悪くはない。
02-23 02:21

僕のツイートをきっかけに地獄ツイッター的やりとりが発生するのは嫌いではないので、僕の@は外さなくとも大丈夫です。
02-23 02:43

このツイッター・ランドという地獄を、イエス・キリストならば一体どのように生きていくのだろうか。
02-23 02:52

もしかすると、人類は大きく3種類に分けることができるのかも知れない。つまり、イエス・キリスト、クソリプ者、それ以外である。
02-23 03:02

例えば、アルパカはクソリプをすることができるだろうか。いや、できやしない。つまり、クソリプとはすぐれて人間的な活動であると言えるのかも知れない。
02-23 03:10

死にたいのぅ… ツイ禁したいのぅ… たこ焼き食べたいのぅ…
02-23 20:11

RT @P_Project1984R: たこ焼き食べてから、ツイ禁にもだえて、力尽きるのだな。
02-23 20:13

コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

ばたお

Author:ばたお
・1983年大阪府生まれ。大阪府河内長野市在住
・半自給農民、工場非常勤。できるだけ稼がず、できるだけ消費しません。シェアハウス運営
・土と暮らし研究会

【ツイッター】@BATAO_Hetare
【スカイプ】batao2.0
【PCメール】ba1234tao@gmail.com

Twitter

最新記事

全記事表示

記事検索

月別アーカイブ

カテゴリ

半農半活動 (22)
脱競争・脱成長 (27)
社会運動 (16)
家庭菜園 (68)
ばたおの「超意欲的ニート」生活 (34)
食料問題・農業問題 (22)
思想 (88)
文化 (36)
科学 (15)
社会 (106)
労働・貧困・経済格差 (84)
メディア (31)
原発・エネルギー (57)
憲法改正問題 (9)
国際 (45)
ばたお的議会改革案 (8)
「〈橋下なもの〉に感じる違和感」への違和感 (7)
「分かりやすさ」の陥穽――『おいしいコーヒーの真実』を批判する (6)
ポストモダン歴史学の批判的検討 (13)
格差肯定論――階級間平等社会へ (4)
新自由主義と正社員 (7)
ばたおの「現代政治学」案内 (5)
社会学としてのライトノベル論 (16)
AKB48関連 (90)
ハイコンテクストとしての平嶋夏海論 (14)
ゴリマがつくる「事実」――平嶋夏海なき平嶋夏海論 (4)
AKB48平嶋夏海・解雇関連 (19)
「平嶋的なもの」を解体する――間接的な平嶋夏海擁護論 (7)
渡辺麻友から読む平嶋夏海 (7)
SKE48松村香織とサイバー空間 (11)
平嶋夏海と松村香織 (1)
HKT48騒動 (9)
ボリシェヴィキの結成とロシア革命 (9)
高校生日記 (5)
ばたおの〈マジキチ読書〉 (22)
ばたおの〈マジキチ映画鑑賞〉 (1)
ばたおとだめお (12)
ツイートまとめ(1) (150)
ツイートまとめ(2) (150)
ツイートまとめ(3) (150)
ツイートまとめ(4) (150)
ツイートまとめ(5) (30)
未分類 (16)

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

FC2ブログランキング

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。