スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:を見る(-)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

【チームB暗黒期】「平嶋のバカ」事件、みきぽむ事件【黒いまゆゆ】

【アンチ勝利】渡辺麻友、CDの売上げ激減【単に人気がないだけ】

「渡辺麻友のセカンドシングル『大人ジェリービーンズ』が発売されましたが、意外にも売上が伸びない・・状況に陥っています」(「社長を目指すブログ!!」より)・「先ほど、発売された渡辺麻友のセカンドシングル『大人ジェリービーンズ』の特典映像(type-C)に、元AKB48平嶋夏海との対談が収録されていたのですが、その映像がYouTubeにアップされていました。この特典映像もあって、売上が伸びると思っていたのですが前作を大きく割れる始末・・」(「ニュ~よこぴーのブログ」より)などとあるように、現在(2012年中旬)、CDの売上げが芳しくないことで知られるAKB48の渡辺麻友(本名:渡邉麻友)さんであるが、2008年頃(=AKBブレイク前)のチームB暗黒期において、彼女はその中心人物の1人であった。中でも今回は、「平嶋のバカ」事件とみきぽむ事件(早乙女美樹降格事件)について振り返りたい。

 → 【アンチ勝利】AKB48渡辺麻友のシングルが大爆死www
 → AKB48渡辺麻友がせこい売り方なのに売上爆死
 → 渡辺麻友のCD売上激減してるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


       \ ぐぬぬ /             \ ざまぁwww /
  渡邉麻友・卒アルより     平嶋夏海・卒アルより




「平嶋のバカ」事件

≪ チームB3rd 2008/4/27・夜公演 出演メンバー ≫
1期生:平嶋夏海
3期生:井上奈瑠、多田愛佳、柏木由紀、片山陽加、菊地彩香、早乙女美樹、田名部生来、仲川遥香、仲谷明香、野口玲菜、米沢瑠美、渡辺麻友
4期生:佐伯美香
研究生(大家志津香、指原莉乃、鈴木菜絵、冨田麻友、中西優香、畑山亜梨紗、藤本紗羅)


●2008/4/27  まゆゆ憤慨「なにキレイごと言ってんの」(4/27、3公演目、チームB 3rd 50回目)――「AKB48@メモリスト メンバー観察日記」

柏木由紀「ただいま公式モバイルサイトにて募集している私たちへの質問にお答えしながら、1人1人自己紹介させてください」
「今日のお題は○○さんからいただきました。歌詞の中に「太陽のバカ」とありますが、みなさんの○○のバカがあったら教えてください」

(中略)

渡辺麻友「あの、私は、平嶋のバカと言います」呼び捨て。客、え~
「さっき公演前に平嶋が急に」客w
「私のダンスへんでおもしろいねって笑ってきたんですよ」

平嶋夏海「違う。柏木ちゃんと話してて、一生懸命踊ってて、踊りじゃなくて、ある動きが。言うとやらなくなるので言いません~」

米沢瑠美「ちょっと1列目長いんだけど」客w

渡辺麻友「じゃ~勝手にバカにしててください」

以上、ハケる。

渡辺麻友。ハケる途中で振り向いて、2列目のメンバーをにらむ。客、ざわw

平嶋「私は僕の桜、ワッショイB!で目が合わなくて、失って初めて大切さに気付きました。まゆ、ごめんね」

渡辺「なにキレイごと言ってんの」客、爆笑

柏木「まゆ、相当怒ってる」

米沢「冗談だよね」

渡辺「なっちゃんの困った顔、かわいいね」あまり笑顔はなく

平嶋「許してくれる?」

渡辺「今回だけは」客、軽くw

柏木「平和が一番ということで」



●2008/4/28  武藤卒業/まゆゆ(チームB)マジギレの巻――「なれのはて」

昨日書き忘れたんだけど、4/27の夜公演の話。
ステージでは常に物静かでおっとりしたかわいらしいイメージのあるまゆゆこと渡辺麻友ちゃん。
そのまゆゆが本気でキレる場面があったんですよ。

MCのお題が「○○のバカ」。
自分が「○○のバカ」と言いたいものを1人ずつ言ってくお題。

まゆゆ「私は平嶋のバカと言います。」

先輩で年上の平嶋夏海ちゃん(なっちゃん)を呼び捨てにしていきなりこう言うわけ。
笑いも起こったけど、ステージ上も客席もちょっと「?」な雰囲気に。
バカの理由は夜公演の前に楽屋でなっちゃんがまゆゆのダンスが変で面白いって笑ってきたと。
それに対してなっちゃんが反論。
馬鹿にしてるのではなく、あるダンスの中で一生懸命踊ってるんだけど動きが面白いとこがあると。
でもどの箇所か教えちゃうとまゆゆがその動きをやらなくなるから教えないって。
この辺りからなんかやばい雰囲気になってんじゃね?みたいな空気になってきて、
後列メンバーからMC長いみたいな巻きが入り、終わったんだけど、
まゆゆは最後に「勝手にバカにしててください。」ってマジギレモードで一言放って帰ってった。
はける時には、後ろ振り返って他のメンバーを睨むような仕草までして、客席震撼ですよw

そのまま公演は続いて、本編終わってアンコール。
アンコールの2曲歌い終えての最後のMC。
ここでなっちゃんが
「『僕の桜』『ワッショイB!』でまゆゆと目が合わなくて、失って初めて大切さに気づきました。
まゆゆごめんね!」って言うわけですよ。
あら、やっぱまゆゆマジギレだったんだぁって思った瞬間!

「なに綺麗ごと言ってんのよ!!」

うわっ!まゆゆ怖ええぇ…(((゜д゜;)))

あまりの事に客席はみんな笑ってたけど、怒らせるとまゆゆこえぇ~って感じだったw
その後は周りもフォローしつつ当人同士もとりあえず和解して、
ラストの曲の途中でも笑顔でハイタッチしてる姿とか見れたので大丈夫だと思うけどね。
まゆゆって俺の中ではお人形さんみたいであまり面白い感じではないなと思ってたんだけど、
この一件で相当興味が出てきたね。面白いわ。



●2012/6/7  AKB総選挙、2位躍進の渡辺麻友にフェミニズムが注目か?――「社会の荒廃 研究室(蜻蛉の眼鏡)」

また、渡辺は過去にもメンバーの1人を馬鹿呼ばわりして物議を醸したこともあるようだ。

あまり詳しい状況はわからないが、恐らく、渡辺が踊る時に動作の一部が特徴的に見えたのを平嶋夏海に言われたことが気に入らなかったらしく、それを最後まで根に持っていたようだ。柏木由紀や米沢瑠美など周囲も不穏な空気を何とかしたいと必死に丸く収めようと努力しているのが伺える。

だがそこまで怒るようなことだろうか。間違ったことをしていると言われたわけでもない。しかし、少しでも自分の気に障ることを言われると過剰に反応し相手を悪者と決め付け敵意をむき出しにする、そして相手に謝らせることで以後の力関係を明確化させようとする。恐らくこの一件以来、渡辺に対しては皆が腫れ物に触るような態度になったであろう。



  ▼「平嶋夏海のAKB日誌」第69回
  




みきぽむ事件(早乙女美樹降格事件)

●2012/6/10  みきぽむ事件 AKBのうっくり裏歴史――「AKBのうっくりタイム」

2009年時、早乙女 美樹(さおとめ みき:みきぽむ)、元・AKB48チームBのメンバー 3期が正規から研究生に降格し、3か月もしない間に卒業した事件。

あまりにも急な展開と、親友の松岡由紀がその少し前に卒業したことにより、何か事件があったのではないかと言われている。

ファンの間でも、3つ噂がある。

①彼氏がいた
古参のブログでばれた?

②自分から降りた
干されだったため。早乙女、松岡だけユニット参加曲が1曲もなし。

③完全にネタとされ、アンチまゆゆの人間が考えたデマ

7月20日
・チームBの佐伯美香が足を怪我したまま公演に出演。
・チームメイトの渡辺麻友が足の怪我を承知の上で、足にダメージを与えるという度の超えたイジメをする。
・同じくチームメイトの早乙女美樹が、渡辺の行為がひどすぎると思いBのリーダー的存在の浦野一美に注意するよう求める。
・しかし、浦野は渡辺と同じ事務所でもあり、また渡辺を可愛がっているため早乙女の要求をスルー
【いったんここで話が終わる】

その後
・早乙女が注意をしない浦野を見かねて、渡辺に直接注意をする。
・裏では性格が悪いらしい渡辺は早乙女や佐伯に「干されの癖に」などと暴言を吐く。
・普段は温和な早乙女も流石に怒りが限界に達し、渡辺の顔をビンタ
・渡辺は逆ギレ。
・浦野・渡辺の尾木派閥vs.早乙女・佐伯・井上・松岡・(仲谷)といった分裂状態にチームがなる。
・事務所のお陰で思い通りに何でもやってた渡辺にとって特に上の4人が邪魔な存在になる
・早乙女組は波に乗って状況改善を願って、AKB48運営側に「私たちにもブログをやらせてくれ」と頼む
・Bの干されでもありながら、必死にがんばる早乙女の姿に共感した他チームの一部メンバー達も私たちもやらなきゃ!と思いはじめ、風向きが変わり始める。
・事が大事になるのを恐れた尾木プロダクションが運営にどうにかしろ!と要求

9月28日
・困った運営が足の怪我をしていた、井上奈瑠を異例の公演途中での卒業というリストラ。
・井上は「皆も気をつけてね」といって一人寂しく去る

12月1日
・松岡由紀がイベント公演にも関わらずに2月での卒業を発表
・事情を知っていて、松岡と仲の良い仲谷明香号泣
・「みきぽむごめんね…」と楽屋で言い残す。

1月8日
・B公演にて佐伯が半年間の怪我治療を発表
・早乙女号泣

1月22日
・AXライブ最終日に「初日」が1位になり早乙女自身も大喜び

この間
・某喫茶店にて運営・マネージャー・早乙女の3人で急遽面談。今後について

1月25日
・HPにていきなりの異例の早乙女研究生降格発表
・渡辺「ざまぁみろ」
・他メンバーは次の標的にされたくないので、モバイルメールなどでもあまり触れず



 → 【AKB48】旧 チームB 内 派 閥 事 件【黒いまゆゆ】


    早乙女美樹・流出写真


 → まゆゆこと渡辺麻友の性格の悪さについて
 → 渡辺麻友は誰もいじれない
 → 渡辺麻友が喋るとなんか場の雰囲気が濁るよな




 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

【脱原発デモ】〈主催者「20万人」、警視庁「1万数千人」 〉の謎から考えた〈「警視庁発表」と「警視庁によると」の違い〉【7・29国会大包囲】

主催者「20万人」、警視庁「1万数千人」

2012/7/29に開催された「脱原発」を訴える抗議行動「7・29脱原発 国会大包囲」であるが、その参加人数が、主催者と警視庁の間で大きく食い違っている。

確かに、主催者は“盛る”傾向にあるのかも知れないし(かつて京都市内である集会とデモの開催を手伝った際、その主催者による参加人数の盛り方に驚かされたことがある)、警察は少なく発表する傾向にあるのかも知れない。それにしても、主催者発表では20万人、警視庁発表では1万数千人というのは、普通に考えて違い過ぎるだろう。

いろんなニュース記事を読んでいて、「いっそのこと『日本野鳥の会』にでも数えてもらった方がいいんじゃ……」と思った矢先、あることに気が付いた。


●2012/7/29  脱原発デモ、国会を包囲――中日新聞

東京電力福島第1原発事故を受けた抗議行動「脱原発 国会大包囲」が29日(注――2012/7/29)夜、東京・永田町で行われた。参加者はろうそくやペンライトを手に「原発反対」「子どもを守れ」などと訴えた。

首相官邸前での抗議を呼び掛けてきたネットワーク「首都圏反原発連合」の主催。参加者は、東電本店前やJR新橋駅周辺をデモ行進した後、移動。人波は国会議事堂を取り囲み、集会があった正門前は一時、歩道からあふれ道路を埋め尽くした。参加人数は主催者発表で、デモと国会包囲合わせて20万人。警視庁関係者は1万2500人程度としている



●2012/7/29  脱原発デモ、国会包囲=「金より子どもの未来を」-ろうそくに灯ともし、訴え・東京――時事ドットコム

原発再稼働を進める政府や黙認する政治に抗議するため、「7.29脱原発 国会大包囲」と名付けられたデモが29日(注――2012/7/29)、東京都内で行われ、多数の市民が参加した。「今のお金より子どもが希望を持てる未来を」。参加者らは同日夜、国会議事堂を包囲し、ろうそくに灯をともしながら脱原発を訴えた。主催者の市民グループ「首都圏反原発連合」によると、参加者は約20万人。警察当局は1万数千人としている



「警視庁発表」とは言ってない――。なんじゃらほい?




マスメディア:「警視庁発表」とは言ってない。誤読する方が悪い(キリッ

で、ちょっと調べてみると、ある興味深い記事を見つけた。それによると、警視庁は「人数は把握しているものの、公表はしていない」というのだ。


●2012/7/7  【スクープ】「首相官邸前デモの参加者数、実は警視庁は発表していなかった」という謎――オルタナS

今年3月(注――2012年3月)から毎週金曜日、首相官邸前で開かれる「原発再稼働反対」デモの参加者数について、大手メディアが引用している「警視庁発表」の数字が実は存在しないことが明らかになった。

警視庁広報課は「各紙が持つ独自のルートで調べているのではないか」との見解を明らかにしたが、警視庁が発表していない数字を「警視庁発表」としたり、その数字の根拠が全く不明であるなど、報道モラルを大きく問われる事態に発展しそうだ。

首相官邸デモの参加者数については、直近の6月29日、7月6日の2回について、主催者側はそれぞれ「20万人、15万人」と発表した。

これに対して、大手新聞やテレビなど主要メディアは「警視庁発表」としてそれぞれ「2万人、2万1千人」と報じてきた。

メーデーなど大型デモの参加者数については、総じて主催者側が多めの数字を発表し、地元警察が少なめの発表をすることが多かった。

だが、一連の首相官邸前デモについて警視庁広報課は7月6日、「参加者数は安全面の問題から把握はしているが、一回も公表したことがない」ことを明らかにした。

同課の担当者は、各メディアが引用している「警察発表」という表記について「各紙が持つ独自のルートで調べているのではないか」と答えた。人数をなぜ公表しないのかという質問については、「答えられない」との回答だった。

問題は三つある。一つ目は、警視庁が発表していない数字を、あたかも「警視庁発表」と偽って報道していること。

二つ目は、誰がその数字を調べているのか、あるいは作っているのかという点。

三つ目は、発表されていないにもかかわらず、大手メディア各社がなぜ「横並び」で同じ数字を報じているのかという点だ。

新聞報道に詳しい、あるメディア関係者は「大手メディアで原発再稼動反対デモの記事を書いているのは、おそらく各社社会部の遊軍記者か、警視庁の公安担当記者。彼らが記者クラブ内で数字を『話し合い』で統一している可能性がある」と話す。

「その理由は、こうしたデモの参加者の数や、大事故の死亡者数が報道各社によって違うことを、各社の記者たちは非常に嫌う性質があるからだ」と分析している。

「特に、他社の数字と違うことを恐れるのは大手通信社の記者で、しかも大手通信社の記事配信による数字を引用しておけば責任を問われないと考える新聞やテレビのデスク(編集者)が多いため、二重の意味で数字の横並びが起きやすい」としている。



●2012/7/13  官邸前デモ、所轄署も参加者数を発表していないことが明らかに――オルタナS

3月(注――2012年3月)から毎週開かれている官邸デモの参加者数については、警視庁広報課の担当者は「警視庁では人数は把握しているが、一度も公表していない」との見解を明らかにしている。

また、このデモを所轄署として担当する麹町署についても「麹町署も発表していない。そもそも警視庁が発表していないものを麹町署が発表することはありえない」とオルタナS編集部の取材に答えた。

警視庁の広報課も、所轄署も発表していない数字が大手メディアで「警視庁によると」「警視庁の調べでは」とのクレジットで報道されている。

デモの参加者数については、総じて主催者発表と「警視庁調べ」の数字が大きく開いているだけに、「警視庁調べ」の数字の信ぴょう性も問題になりそうだ。

大手メディアが警視庁警備部や機動隊幹部からの取材でデモ参加者数の数字を入手したとしても、それが正しい数字かどうかは分からない。

新聞報道に詳しいメディア関係者は「記者クラブとして、警視庁に発表させ、警視庁に数字の責任を負わせないと、それが正しい数字とは誰も検証できない」と話している。



「警視庁発表」(警視庁の公式見解)と「警視庁によると」(警視庁関係者への独自取材)は、異なるということだろうか。まぁ、だからと言って、「警視庁によると」という情報が必ずしも完全なデタラメだとは思わないが……。

もっとも、「低線量被曝問題――ICRP勧告を読む」のときもそうだったが、ぽけ~っとしているとすぐに陥れられる。まったく、世知辛い世の中だOrz




【参考】2012/7/16の「さようなら原発10万人集会」におけるニュース記事

●2012/7/16  坂本龍一さん「電気のため、なぜ命を」都心で脱原発デモ――朝日新聞デジタル

警視庁は公式発表していないが、警察関係者によると、把握した参加者数は約7万5千人だったという。


●2012/7/17  坂本龍一・大江健三郎さんも…脱原発集会で訴え――YOMIURI ONLINE

参加者は主催者発表で約17万人、警視庁によると約7万5000人。





 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ



コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

定期的に採れるインゲン豆

インゲンの実
インゲン・2012/7/29
 定期的に採れるのがうれしい。


サトイモ
サトイモ・2012/7/29


サツマイモ
サツマイモ・2012/7/29(1)

サツマイモ・2012/7/29(2)


チェリーセージ
チェリーセージ・2012/7/29


レモンバーム
レモンバーム・2012/7/29


 → それにしても、ものすごく蚊に噛まれるのを何とかしたい……




 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ



コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

反原発運動の盛り上がりが、いかにして「具体的な政治=集合的な決定」に結び付けられるのか。

原発に対する抗議行動が盛り上がっている。これはまさしく、原発に反対する私たちの怒りの表れである。しかし、抗議行動だけしていても、社会は何も変わらない。これは、身も蓋もない現実であろう。



というわけで、シェアメイトのhnhkさんに「抗議行動の盛り上がりで、原発政策は変わると思うか。それとも、何も変わらないと思うか」と聞いてみた。彼の回答は、「恐らく何も変わらない。反原発運動は敗北するだろう。そして、人々はやる気をなくし、運動は継続されないのではないか」という悲観的なものだった。

hnhkさんによると、活動家ではない一般市民は、やりたい時に行動し、やりたくなければ行動しない。もちろん、それで構わない。何をするのも個人の自由だからだ。誰にも強制する権利はないし、そもそも強制することは不可能である。



確かにその通りだ。彼の言うことに異論はない。しかし、本当にそれでいいのだろうか。私は、これを是認することができない。では、この抗議行動の盛り上がりが、いかにして「具体的な政治=集合的な決定」に結び付けられるのか。

例えば、選挙がある。しかし残念ながら、次の選挙でも原発推進派の議員が大量に当選するのだろう。これは、選挙のアジェンダは「原発」だけではないということもあるし、そもそも私たち日本人は、何か事があっても、それを選挙の時まで覚えていないということもある(もちろん「覚えていない」というのは、その程度の問題に過ぎないということでもある)。

他にも、有効な手段の1つとしてロビー活動が挙げられる。実際に議員にアプローチができなくとも、そうした団体の事務局で雑務を手伝うとか、活動資金をカンパするとか、何かしら私たちにもできることはあるだろう。



「デモはダメなのか」と言われれば、そうではない。どんどんやるべきだ。確かに、デモで直接的に社会を変えられるわけではないかも知れないが、それは反原発活動をしている議員、メディア、ロビイストたちの支援となる。従って、「残念ながら他に何もできそうにないので、とりあえずデモにだけは参加する」というのも、当然あっていい、というか、それも非常に重要な活動だ。ただ一方で、「具体的な政治=集合的な決定」について、真剣に検討しなければならないのも事実だろう。原発に反対する私たちは、もはや、そういう段階に来ているのではないだろうか。


    新合体必殺わざをあみだそう


●関連記事
 → デモについてのノート




 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ



コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

ハイコンテクストとしての平嶋夏海論(10)

平嶋夏海ステマ発動?

●2012/7/15  長澤まさみのブラサイズ判明! イメージ戦略で巨乳を隠してきた女優・アイドルたち――メンズサイゾー

グラビアアイドルならば巨乳は武器になるが、タレントによってはマイナスになりかねない。芸能界では、長澤(注――長澤まさみ)のようにイメージ戦略で巨乳を隠してきたタレントが多い。

元AKB48の平嶋夏海(20)も隠れ巨乳。今年(注――2012年)1月にプライベート写真流出によってAKBを脱退した彼女だが、コアなファンの間では巨乳メンバーとして知られていた。「選抜総選挙」では3回連続で26位という中途半端なポジションだったが、非公式ファンサイトで実施された「巨乳選挙」では巨乳イメージが強い柏木由紀(21)を抑えてトップ当選。実際、水着写真では柏木よりも胸が大きいように写っていることがある。巨乳メンバーの脱退は惜しまれるところだが、彼女は渡辺麻友(18)のソロシングル特典DVDに出演して活動再開しており、今後の活動が楽しみである。


「巨乳選挙」って何だし!? というわけで、ちょっと調べてみると、以下のような記事があった。



●2011/7/12  AKB「巨乳」選挙で波乱! 柏木由紀抑えて今トップは意外な人――J-CASTニュース

AKB48の中で誰が「巨乳」か、という投票がインターネット上で行われ、意外なメンバーが暫定1位となって話題になっている。

AKB48で「巨乳」と言えば、よく挙げられるのが6月(注――2011年6月)の選抜総選挙で3位になった柏木由紀さんだ。柏木さんは、公式プロフィールだとバスト75センチとなっているものの、なぜか胸が大きく見えることで知られていて、度々雑誌のグラビアページを飾っている。

しかし、7月12日19時半現在、柏木さんは237票で2位。わずかに差をつけ253票で1位になっているのはAKBのチームB所属の平嶋夏海さん(19)だ。

ただ、平嶋さんは総投票数が100万を超えることもある選抜総選挙の順位を見る限り、それほど人気があるメンバーとは言い難い。AKBが創設された05年からオープニングメンバーとして活動しているものの、09年から行われている総選挙では3回連続26位で、選抜漏れ。前田敦子さんや板野友美さん、高橋みなみさんら同期に大きく水をあけられてしまっている。

それには理由がある。平嶋さんはAKBでアイドルとして活動する一方で、学業にも力を入れていて、中学1年でAKB入りした後も学年で4位になるほど勉強が好き。高校も芸能科ではなく、普通の全日制の高校に進学し、昼は学校、夜は公演という生活を続けてきた。

そのため、イベントを休まなければならないこともあったという。ファンの間でも、「学業優先だったのが順位に影響している」といった見方が強い。

ネットでは、平嶋さんの暫定1位に「やっとなっちゃんが認められる時代がきた」「早く画像を貼れ!」といった反応が寄せられている。


……って、この記事の内容、ニッチ過ぎるだろ。なぜなら、普通の人であれば、誰も平嶋夏海さんに関心などないはずだからだ。




スーパー平嶋夏海センサー

もっとも、私のスーパー平嶋夏海センサーによると、上記のJ-CASTニュースの内容の一部は、以下のある雑誌記事のそれと微妙に食い違っている。


  平嶋夏海さんの記事

中1で入部したバスケ部では、「続けるとレギュラーは確実」という才能。さらに、学業も中1の期末テストが学年4位という成績。が、しかし! 「目立つことや人前で話すことが大好き」で、さらに「ダンスも大好き」という彼女が、中1の秋にAKB48のオーディションを受けるのは当然の流れ。「合格して、部活はできなくなったし、成績もちょっと…になったんですけど(笑)、AKB48でもっと大切なことを学んでいると思います!」



◆J-CASTニュースでは……
・「中学1年でAKB入りした後も学年で4位になるほど勉強が好き」

◆ある雑誌記事では……
・「学業も中1の期末テストが学年4位という成績 → (AKB48に)合格して、部活はできなくなったし、成績もちょっと…になったんですけど(笑)」




 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ


コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

歴史において〈政治的である〉とは何か――ポストモダン歴史学の批判的検討(1)

はじめに――ポストモダニストの歴史認識論

昨日(2012/7/27)、「歴史において〈政治的である〉とは何か――ポストモダン歴史学の批判的検討」というテーマの発表を行いました。せっかくなので、当該ブログでも内容を掲載していきたいと思います。


で。まずはじめに、以下のヘイドン・ホワイト「ポストモダニズムと歴史叙述」(『立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点 生存学研究センター報告13』より)から抜粋した文章を読んでいただきたいです。ただし、読んでいなくても理解できるような連載になる予定ですので、「なんじゃこりゃ。こんなもん読んでられるか、ボケ!」という方は別に読まれなくても無問題です\(^o^)/ あるいは、連載の途中ないしは終了時点で関心が湧いてこられた場合に、もう一度戻ってきて読まれてもいいかも知れません。


※歴史認識(歴史観)とは……?
 ・広義の歴史認識 : 歴史そのものに対する認識
 ・狭義の歴史認識 : 歴史上のある事象を、何らかの〈広義の歴史観〉で理解・解釈すること




※ヘイドン・ホワイト「ポストモダニズムと歴史叙述」より抜粋

● ポストモダニズム的な「歴史」の見方には、近代的、科学的歴史研究の基盤として措定されてきたものとの共通点がほとんどない。事実、そうした歴史の見方は、実用的(政治的、教育的、思想的な意味で)目的のために引き出される教訓話の貯蔵庫として、そして学問的分野というより1つの談話として歴史が理解されていた、近代以前の歴史の捉え方にずっと近い。ポストモダニスト――建築、美術、文学、映画、哲学での――は過去を、様々な形式やメディア、ジャンル、あるいは思想の、茫漠として未完成で断片的で脈絡のない共時的な集積と見なす傾向がある。彼らはそれらを「オブジェ・トゥルヴェ」のように扱うことができると考えている。まるでデュシャンの「泉」(デュシャンがR・マットと署名し、逆さ吊りにした男性用小便器。それは美術館に展示されたために、芸術作品に変換される効果を持った)のような仕方で。ポストモダニストにとって「過去」――二度と取り戻せない不在のもの、足跡や断片や痕跡によってのみ接近可能なものとしての――とは、記憶や夢想や空想の場、従って詩的着想の場でしかなく、(科学的な指向を持った近代の専門的な歴史家にとってそうであるように)多かれ少なかれ実際そうであった通りに復元されたり表象されたりすることができる過去の人間行為の空間ではない。ポストモダニストがよりいっそうの関心を持つのは、過去へ思念をめぐらすことによって――多かれ少なかれ芸術的な手法で――生み出される諸々の意味の方であり、資料的記録によって証明されたバラバラの歴史的時期についてのまとまった正しい言明として理解される真実ではない。ポストモダニストの立場にたつ歴史はほとんどない。なぜならポストモダニストは、専門的な歴史家が科学的な歴史叙述として認識しているものを拒否しているからである。実際、ポストモダニズム的な「過去」の扱い方は、もっぱら芸術作品の中に見出される。


● ポストモダニストによる過去の表象[再現前化](あるいは単に「現前化」といった方がよいかもしれないが)の実験の多くは、伝統的な科学的歴史への不満、すなわち、そうした科学的歴史が20世紀の全体主義的体制と結びついた「極端」な出来事を、効果的に扱えなかったり、扱うことをしぶったことへの不満に由来する。そうした「極端」な出来事としては、いわゆる「ホロコースト」に限らず、「産業化されたジェノサイド」全般、核兵器の使用(広島、長崎)や他の大量破壊兵器(焼夷弾爆撃、対人地雷、長距離ロケット等)の使用、世界的な人口の爆発的増大と移住、新種の病気(エイズなどの)、さらにグローバリゼーションの進行などがあげられる。


● まず、ポストモダニストが問題にするのは、歴史とは何か、歴史はいかにして学ばれるのか、歴史的知識の正当な使用法とは何か、ということを決めるための権威を持つのは歴史家だけである、という専門的歴史家の思い込みである。これに対してポストモダニストは、誰も歴史を所有しない、誰もが理論的目的のためにも実践的目的のためにも歴史を研究する権利を持つ、また歴史の過去と記憶の過去とはまったく異なるものである、と信じる傾向がある。そして、過去に何が起こったのかを発見するよりも、過去の出来事の犠牲者にとって、また同様にその行為者にとって、それらが「どのように感じられたのか」を発見する方がより重要だ、とも。こうした理由で、ポストモダニストは「証言」というジャンル、実験的でシュルレアリスム的とすらいえる文学的装置や神話的なプロットの使用を好み、また映画的な「特殊効果」や詩的な修辞や文彩を好むのである。さらに彼らが過去――その輪郭が明確というよりは曖昧な、その意義が英雄的というよりはグロテスクな、その形式が固定したものというよりは柔軟な、そうした過去――の提示=表現(Darstelllung)のためにドキュメンタリーと「虚構(フィクション)の」技法を混ぜ合わせることを推奨するのもそのために他ならない。歴史的意識へのポストモダニズムの主な貢献は以下のような[原稿では略されている]小説の中に見出される。


● 専門的歴史叙述の意義や特性を無視したことで、ポストモダニストは相対主義や懐疑主義という非難に晒されるが、それらはしばしば、ありうる知的立場というよりは、[道徳上の]罪として扱われている。相対主義は認識論的または道徳的な無秩序につながるために、知的理由と同じくらい倫理的理由によっても抵抗すべきものであると言われている。同様に、懐疑主義も、道徳的理由からも知的理由からも反対されるべきものと言われている。それはピュロニズムやニヒリズム、カオスにつながるものと考えられている。あたかも、歴史的真実はわれわれが持つ唯一の真実であり、それが少しでも弱体化すれば文明そのものの基盤が揺らいでしまう、と言わんばかりだ。


● ポストモダニストにとって、専門的歴史家たちは過去をそれ自体として研究し、他の専門的歴史家たちのために著作を書き、現在のために役に立つ教訓を[過去から]まったく引き出さず、人生に資するような想像力に満ちた歴史の使い方を抑圧しようとしてきたのである(ニーチェ)。フーコーのように、ポストモダニストは、それ自体としてではなく、現在を理解するための手段として、過去に関心をもつ。現在に対してそれが何らかの洞察をもたらさないような場合には、歴史は単なる好古趣味として非難される。ポストモダニストにとって、真実は認識論的問題であるよりも、むしろ、意味論的問題である。過去についてなされる諸々の言明、そして現在を理解する上でそれらが持っている適切さは、[過去に]言われたことよりも、むしろ、言われたことの中で何が意味されているのかに関係している。したがって――現在についてであれ過去についてかであれ――話されたことの重要性は、その中でその発話がなされた文脈から切り離すことができない。真実についてのこうした観念が、ポストモダニズムを、文化的、道徳的、認識論的な相対主義であるとの非難に導くのだ。歴史研究から普遍的なものを導き出すことができることを疑うことで、それはまた懐疑主義であるとの非難にも晒される。しかしながら注意すべきは、もはや知覚可能でない事物についての知の可能性に対する懐疑主義が一方であり、他方で、不在のものであれ現前するものであれ、あらゆるものについての知が不可能であると疑う懐疑主義は、それとはまったく別のものとしてある、ということだ。ポストモダニストは、われわれが過去についての知を持ちうることを否定しない。むしろ、そうした知を構築する上で、われわれは理性とともに想像力を使用しなくてはならない、と言っているのだ。


(つづく)




 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ


コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

AKB48炎上商法――「渡辺麻友 × 平嶋夏海」対談

これは誰得!? つまらな過ぎて見る価値のない「渡辺麻友 × 平嶋夏海」対談

 まゆゆ、写真流出・平嶋と禁断トーク


 ▼渡辺麻友『大人ジェリービーンズ』(初回生産限定盤C)特典映像
 


 ▼削除対策でもう1つ。渡辺麻友さんが不機嫌過ぎてクソワロタ
 


「渡辺麻友 × 平嶋夏海」対談より
  想定の範囲内(1)毎度つまらない映像を特典として付けるプロダクション尾木クオリティ
  想定の範囲内(2)マジレッサー過ぎて小さな子供は半泣き必至の渡辺麻友クオリティ
  想定の範囲内(3)騒動直後の激ヤセからのリバウンドを果たした平嶋夏海クオリティ
  想定の範囲内(4)最後までファンへの言及がない平嶋夏海クオリティ




“平嶋夏海炎上商法”も功を奏さず?

◆渡辺麻友さんのCD売上げ、『少年よ 嘘をつけ!』に続いて大コケか? 
  → AKB48渡辺麻友 2ndシングル「大人ジェリービーンズ」大こけか? 38000枚
  → 渡辺まゆゆ2ndシングル大コケ 38000枚
  → 【速報】渡辺まゆゆ2ndシングル大コケ38000枚



    一番優しい先輩は誰?(1)

    一番優しい先輩は誰?(2)

    一番優しい先輩は誰?(3)

    悩みを相談するならどの先輩?(1)

    悩みを相談するならどの先輩?(2)




【参考①】オワコン前の「渡り廊下走り隊」

 ▼渡り廊下走り隊の代表曲『完璧ぐ~のね』
 


 ▼【踊ってみた】雪山で『完璧ぐ~のね』【アイゼン注意】
 


 ▼渡り廊下走り隊の人気曲『白いチューリップ』
 




【参考②】2011年時における「渡り廊下走り隊」への両極端な評価――オワコンへの道

●snafkin7さんによる楽観論「アイドルの究極系-渡り廊下走り隊-MUSIC FAIR」――0円でできるマーケティング

渡り廊下走り隊とは、おそらく今後どんなユニットが出てこようと、真アイドルユニットのど真ん中を譲らないだろうと思う。というのも菊地あやか、多田愛佳、仲川遥香だけでもなかなか見栄えのするユニットだが、センターに渡辺麻友を隠し球に持っておりw AKB1期生の平嶋夏海が渡辺麻友の相談役としており、AKB48のスピンアウトユニットというよりも、アイドルユニットの究極系として、この時を大事にしておかなければならないくらいもの凄いものを目にしているという心構えが必要だwww



●少年王3号さんによる悲観論「新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その21)」――南極怪獣通信

“危機的な状況”こそがなっちゃん(注――平嶋夏海)を必要とするわけで、ある程度チームBに問題が無くなってきて、新たに渡り廊下が慢性的な危機的状況に陥っているとなれば、なっちゃんの活躍の場がAKBではなく渡り廊下へとシフトしていく事は致し方無い事と言えるでしょう。その意味では、なっちゃんがAKBに対して本当に本気になる事は、もう二度と無いのかも知れませんね。





 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ


コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

パラサイト・シルバーの時代

(1)厚生年金の世代間格差

▼テレビ朝日『報道ステーション』より
厚生年金の世代間格差

 *学習院大学教授・鈴木亘さんによる試算。本人負担分と事業者負担分を含む。

   1940年生まれ  +3090万円
   1950年生まれ  +770万円
   1960年生まれ  -260万円
   1970年生まれ  -1050万円
   1980年生まれ  -1700万円
   1990年生まれ  -2240万円
   2000年生まれ  -2610万円
   2010年生まれ  -2840万円



(2)お年寄り「私たちの年金が心許ないぞ。若者の給料をよこせ」

●「NTT、30代半ば以降の賃下げ計画 再雇用費に充当」――朝日新聞デジタル

NTTグループの主要各社が来年度(注――2013年度)から、30代半ば以降の社員の賃下げを計画していることがわかった。浮いた人件費を、新たに導入する65歳までの再雇用制度に回す。政府は来年度から、企業に60歳以降も働き続けたい人の再雇用を義務づける方針で、人件費の総額を抑えるために追随する動きが広がりそうだ。

各社が今月(注――2012年4月)上旬、来年度からの新しい賃金制度への移行を労働組合に提案した。朝日新聞が入手した資料によると、入社から10~15年ごろまでは今の制度とほぼ変わらないが、それ以降は60歳の定年まで賃金の上がり具合を従来より抑える。30代半ばからの賃下げには「働き盛りには異例の措置で、転職を誘発するおそれがある」(別の労組関係者)との声もある。あわせて65歳までの再雇用を制度化する。

具体的な賃下げ幅は示していない。人件費総額が変わらない場合、50代では今より年収が100万円ほど減る例もあるとみられる。




(3)お年寄りが優遇される根拠

 ・焼け跡からの出発
 ・経済成長させた――戦争特需・冷戦によるアメリカからの庇護を利用
 ・メンテナンス仕切れないほどのインフラを整備した
 ・原発を建設し、電力供給を安定させた
 ・農業を軽視し、工業力を発展させた



(4)お年寄りが若者に残したもの

 ・整備されたインフラ(ただし、メンテナンス不足)
 ・借金1000億円超 ← 追記:根拠は、国債と地方債の合計額です。すなわち、これは1000兆円超の間違いです。お詫びして訂正します。
 ・放射能で汚染された大地
 ・休耕などの政策による食料自給率の低下
 ・戦争責任(戦後補償)を果たさなかったことによる東アジア各国からの悪感情



(5)逃げ切れない世代

▼テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』より
逃げ切れない世代

  60~70代  逃げ切った世代
  40~50代  逃げ切ろうと必死な世代
  20~30代  逃げ切れない世代
            ↓
  60~70代  逃げ切るためのシステムを作った世代
  40~50代  前世代が作ったシステムを利用して逃げ切ろうと必死な世代
  20~30代  自分たちでシステムが作れるとは思っていない世代


 高齢者関係給付費と児童家庭関係給付費



(6)若者の選択肢

 ・パターン① : お年寄りに逃げ切らせない
 ・パターン② : 前世代と同様、次世代にツケを回す



   ▼完全に2ちゃんねらーの発想
   山野車輪『「若者奴隷」時代』




 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ


コメント:を見る(2)

Re:パラサイト・シルバーの時代 by hnhk
老人駆除 Anti-Elders War (光文社ペーパーバックス) という本を数年前に読んだのですが、ばたおさんの問題意識に合うかもしれませんね。
Re: Re:パラサイト・シルバーの時代 by ばたお
hnhkさん

> 老人駆除 Anti-Elders War (光文社ペーパーバックス)
機会があれば読んでみたいと思います。

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

渡辺麻友のスキャンダルは<平嶋夏海>なのか?

●2012/7/6  「叩いてもホコリが出ない……」AKB48“神7で唯一真っ白”渡辺麻友は本当に真っ白なのか――日刊サイゾー

先月(注――2012年6月)行われたAKB48選抜総選挙で2位を獲得、名実ともに新世代の旗手となった“まゆゆ”こと渡辺麻友。そんな彼女の「スキャンダルを探せ!」と、週刊誌各紙の編集部では大号令がかかっているという。AKB48の有名どころで唯一のスキャンダル処女・まゆゆの運命やいかに――。

大手メディアをがっちり抑え込んでいるAKB48の天敵といえば、「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)だろう。この2誌の記者や芸能フリージャーナリストらの間で、“次の標的は渡辺”というのが共通認識になっているという。

アイドルウォッチャーは「AKB48は恋愛禁止をうたっていながら、主要メンバーに次々とスキャンダルが出ています。テレビやスポーツ紙で報じられることはないのですが、いわゆる神7の中で“真っ白”なのは渡辺だけ、という状態です」と苦笑を禁じえない様子だ。

確かに疑惑段階も含めると、AKB48のメンバーには、とくに男絡みのスキャンダルが続出している。代表的なところでは、大島優子とウエンツ瑛士の熱愛、篠田麻里子の愛人疑惑、板野友美とEXILE・TAKAHIROの密会など。過去には男遊びがバレてクビになったメンバーもいた。つい先日も、総選挙で4位と躍進した指原莉乃との交際を元カレが「文春」で暴露。昨年から猛プッシュされていた指原は、HKT48に“左遷”される破目となった。

となると、残るは渡辺しかいないのだが……さまざまなウワサや疑惑が絶えないほかのメンバーとは、少々事情が違っているという。

「もちろん、渡辺ネタを血眼になって探していますよ。ところが、過去も含めて、渡辺は叩いても叩いても、これっぽっちもホコリが出ない。渡辺のスキャンダルならばかなりの値段が付くでしょうが、本当に何もないんじゃないかとあきらめムードとなっています」(週刊誌記者)

指原のように、プッシュしても男でコケるくらいならば、AKB48の新エースには渡辺を据えることが賢明なのかもしれない。



渡辺麻友さんにとって、平嶋夏海さんは最大の“癪の種”なのだろうか。


  『AKB600sec.』より(1)


  『AKB600sec.』より(2)


  『人志松本のすべらない話』より(1)


  『人志松本のすべらない話』より(2)


  『ナニコレ珍百景』より


※「神7」とは……?
(ここで用いられていると思われる)「神7」とは、前田敦子さん、板野友美さん、小嶋陽菜さん、高橋みなみさん、篠田麻里子さん、大島優子さん、渡辺麻友さんという、AKB48の人気メンバー7人のことである。ここに柏木由紀さんを加えて、「神8」と呼ぶこともある(分かりやすく言えば、「G7」にロシアを加えて「G8」と呼ぶようなものだ)。これは、大人の事情などにより、佐藤亜美菜さんを人気メンバー扱いしたくない――ハブるために生み出された概念だとも言われている。




 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ


コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

脱原発・金曜デモへの「鳩山由紀夫参戦」問題

鳩山由紀夫「この時点での再稼働はやめるべき」

2012/7/20、鳩山由紀夫さんが首相官邸前で毎週金曜日に行われている原発再稼働の抗議デモに参加したことは、周知の通りである。過去には、当該ブログでも取り上げた。赤旗政治記者によって彼の発言が仮起こしされているので、まずはそれを見てみたい。


2012/7/20「首相官邸前・原発再稼働反対行動における鳩山由紀夫の発言」(赤旗政治記者による仮起こし)

お集まりのみなさん。雨の中、ご苦労さまでございます。私は、鳩山由紀夫でございます。みなさん方と思いを同じくする立場から、発言をさせていただきます。(拍手、歓声)

私は、みなさんの新しい民主主義の流れをとても大事にしなければならないと思っています。みなさんの声を、もっともっと政治に反映していかなければならないと思っています。

私も、かつて官邸におりました。官邸と国民のみなさんの声を、もっと近づけたいと思ってまいりましたが、なかなか国民のみなさんの声が、官邸の壁が厚くて厚くて聞こえなくなってしまっていました。私も大いに反省をしています。

このいまの政治こそ、官邸と国民のみなさんの、きょうのお集まりのみなさんの声があまりにもかけ離れてしまっていると残念でなりません。

元総理を経験した、官邸にいた者として、みなさん方の声を官邸に伝え、政治の流れを変える役割を果たさなければならないとこう思ってやってまいりました。(「遅い!」の声)

これから、みなさん方の声をおうかがいをして、私1人で官邸の中に入らせてもらいたいと思っています。みなさんの声をぜひ伝えたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。(「引っ込めー!」の声)

どう考えても、この時点での再稼働は無理です。やめるべきだと私も思っています。その声を、野田首相に、みなさんの声を伝えるために、これから官邸の中に乗り込んで、総理もおられないようでありますので、(藤村)官房長官に、みなさんの思いを伝えてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

みなさん、がんばってください。ありがとうございます。



また、これを受けた上記の赤旗政治記者は、ツイッターで以下のような感想を述べている。

今日の官邸前行動には、なんと鳩山由紀夫元首相が参加した。鳩山氏は福島原発事故後に発足した「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」(地下原発推進議連)の顧問だが・・・

鳩山元首相や小沢一郎氏などの政治家も「脱原発」に傾き始めた。それは原発再稼働に反対し、原発ゼロを求める運動に押された変化だ。福島原発事故の教訓を真剣に受け止めるならば、その立場を貫き、元首相、元代表として強く再稼働中止、原発ゼロの決断を野田首相に迫ってほしい

鳩山氏は官邸前で「原発ゼロ」「脱原発」はいわなかったものの、「この時点での再稼働は無理です。やめるべきだ」と表明し、官邸にみんなの声を伝えると約束した。マスメディアを動かした運動は、いま政治をも動かしつつある!


こういった指摘は、端的に反原発運動の成果の1つを示したものであり、同時にそうした運動を鼓舞するものでもあるだろう。




鳩山由紀夫に政治家という意識はあるのか。

鳩山さんがデモに参加した件について、来るなとは言わないし、むしろ来た方がいいに決まっている。そうした前提が共有されていると仮定して話を進めると、そもそもデモとは、公式・非公式の政治過程から排除され、どうしようもなくなった一般市民が、やむを得ずに行うものである。

翻って鳩山さんはと言えば、無力な一般市民ではなく、国会内ではどうしようもない弱小野党(例えば、共産党や社民党)の政治家というわけでもなく、政権与党に所属する国会議員である。彼は自ら積極的に動くことによって問題を解決し得る立場にあるのだ、ということを忘れてはならないだろう。

というか、そもそも鳩山さんは、私たち反原発派によって糾弾されている対象の1人である。どういう神経で件の抗議行動に現れたのだろうか(繰り返すが、これは「来るな」ということを意味していない)。もし彼に政治家としての自覚があるならば、反原発の議員の多数派工作をするとか、脱原発の議員立法の作成をするとか、何かといろいろできそうだし、やるべきだと思う(もちろん、裏で頑張ってやってらっしゃるかも知れないので、何とも言えないが……)。


最後に、Lizabstract a.k.a. LIZUCOさんのブログの記事を見てみたい。これは、脱原発問題における「具体的な政治=集合的な決定」について言及しているという点で、重要なものであろう。

●「鳩山ゆきおちゃんの功罪」――LIZABSTRACT

鳩山さんが官邸前デモに現れ
総理経験者として官邸の中に入って
国民の声を伝えるという異例の行動に出た
事で、結構人気が上がっちゃっていたり
再評価されているのですね。

鳩山さんはと言うと
地下原発推進委員会の一員!
スイシンジャー御本尊だYO

今回の官邸前デモで、鳩山さんのコメントは
「国民の声を総理に届ける」ことで、
決して原発反対でないと言うことも
憶えておかないといけないと思います。

去年の春に始めて原発反対のデモに参加し、
そこで山本太郎さんの話を聞いたら
政治家に会うと「デモなんかいくらやられても
痛くも痒くもないんだ。」そう言われるのだと、
それで私達に何が出来るか、
何が一番政治家は困るかというと
選挙で負けるのが一番困るのだから
私達は今度の選挙は本当に大切です。

よく調べもしないで
鳩山さんがデモにちょっと来たからとか
国民の生活が一番と言ってるからと言って
安易に選んだらダメだと思うのです。

わたしは無党派層の最たるものですが、
次の選挙は原発反対の意思を
はっきり確認出来る議員にしか入れない。
それが最低条件です。





 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ


コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

ばたお

Author:ばたお
・1983年大阪府生まれ。大阪府河内長野市在住
・半自給農民、工場非常勤。できるだけ稼がず、できるだけ消費しません。シェアハウス運営
・土と暮らし研究会

【ツイッター】@BATAO_Hetare
【スカイプ】batao2.0
【PCメール】ba1234tao@gmail.com

Twitter

最新記事

全記事表示

記事検索

月別アーカイブ

カテゴリ

半農半活動 (22)
脱競争・脱成長 (27)
社会運動 (16)
家庭菜園 (68)
ばたおの「超意欲的ニート」生活 (34)
食料問題・農業問題 (22)
思想 (88)
文化 (36)
科学 (15)
社会 (106)
労働・貧困・経済格差 (84)
メディア (31)
原発・エネルギー (57)
憲法改正問題 (9)
国際 (45)
ばたお的議会改革案 (8)
「〈橋下なもの〉に感じる違和感」への違和感 (7)
「分かりやすさ」の陥穽――『おいしいコーヒーの真実』を批判する (6)
ポストモダン歴史学の批判的検討 (13)
格差肯定論――階級間平等社会へ (4)
新自由主義と正社員 (7)
ばたおの「現代政治学」案内 (5)
社会学としてのライトノベル論 (16)
AKB48関連 (90)
ハイコンテクストとしての平嶋夏海論 (14)
ゴリマがつくる「事実」――平嶋夏海なき平嶋夏海論 (4)
AKB48平嶋夏海・解雇関連 (19)
「平嶋的なもの」を解体する――間接的な平嶋夏海擁護論 (7)
渡辺麻友から読む平嶋夏海 (7)
SKE48松村香織とサイバー空間 (11)
平嶋夏海と松村香織 (1)
HKT48騒動 (9)
ボリシェヴィキの結成とロシア革命 (9)
高校生日記 (5)
ばたおの〈マジキチ読書〉 (22)
ばたおの〈マジキチ映画鑑賞〉 (1)
ばたおとだめお (12)
ツイートまとめ(1) (150)
ツイートまとめ(2) (150)
ツイートまとめ(3) (150)
ツイートまとめ(4) (150)
ツイートまとめ(5) (30)
未分類 (16)

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

FC2ブログランキング

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。