スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:を見る(-)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

高校生日記(5)

体育祭編、つづきから


もちろん応援なんかあるはずもなく、ただ競技だけが粛々と行われていく。


1年生の団体競技は「玉入れ」だ。高校生にもなって、まさか玉入れをするとは思っていなかった。言わずもがな、ぶっつけ本番であるが、小学校の玉入れとは違ってほとんど百発百中で入る。何とどこのクラスが先にカゴを満杯にしたかで、勝敗が決まるというルールだった。

そして、メインの競技は「綱引き」だ。大縄跳び大会といい、この学校は縄が大好きなのだ。体育祭の3分の1ぐらいは綱引きをしているという有様で、ほとんど綱引き大会という状態であった。


徒競走に関しては、直線の80メートルと、運動場1周の200メートルの2種類がある。私は「200メートル走」に出場することになっていた。

さて、ご存じの通り私は何もできないヘタレであるが、実は走るのだけは得意なのだ。よって、体育祭は学校生活において活躍できる数少ない機会なのである。私はクラスの最終走者になっていた。ここで活躍せねば、次はマラソン大会まで活躍の機会はない(しかも、マラソン大会はあまり目立たない)。


スタート位置につく。周りを観ると……ちょwwwおまwwww。サッカー部ばかりじゃないか。Oh Got! ば、馬鹿な……。帰宅部の私がこんな連中に勝てるというのだろうか。

ヨーイ、ドン! → 運動場1周 → ゴール → 結果は……ダントツの最下位Orz。





スポンサーサイト

コメント:を見る(1)

私はブービーでした。 by hnhk
>サッカー部ばかりじゃないか。Oh Got! 
中学2年の時に、陸上部に所属していたというだけで、クラス代表で400m走に出場させられ、あわや最下位でした。その時は、周りはサッカー部やバスケ部でした。
100mなら一瞬で終わりますが、400mは距離も長いし、恥をかく時間も長いしで辛かったです(涙)

ちなみに、「最下位」は“さいかい”なんですね。今の今まで“さいかいい”と発音していました。何度ローマ字入力で打ち込んでも「最下位」に変換されないので、やっと気付きました。
もうちょっとで「41才の春だから♪」(元祖天才バカボンed)まで気付かないところでした。

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

高校生日記(4)

体育祭の話。


この日は朝から、運動場のクラスごとのスペースに、教室から自分の椅子を運ばなければならない。これが意外に重労働で、運び終えて休憩していると、いよいよ体育祭が始まる。


体育祭のオープニングと言えば、多くの場合「入場行進 → 校長先生の話 → 体操」である。


だが私の高校では入場行進など存在せず、集合の合図とともに、みんなダラダラと集まり出す。何となく集まったはいいが、クラスごとに整列したことなどないので、どうやって並べばいいかが分からない。それで、名前の順で並ぼうということになり(理由:それしかないからだ)、私の高校の名簿は女子から始まって男子が後だったので、男である私は後ろの方に行った。

次に校長の話なのだが、校長はせっかく台に上がったにもかかわらず、「それでは始めてください」の文字通り一言だけ言うと、すぐにどこかへ行ってしまう。

最後は体操だ。すると、何やらラジオ体操は非科学的だそうで、前に出てきた体育委員による独自の柔軟体操を各自マネすることになる。


速攻でOPイベントは終わり、またもやみんなダラダラと、自分の席に戻り出す。

私も椅子に座って一服しようとするも、何と自分の席にはヤンキーが座っている。ヤンキーたちは教室から椅子など運ばず、善良な生徒が頑張って運搬した椅子を勝手に占拠しているのだ。


学校というのは、万人の万人に対する戦争である。私は、「来年からは椅子は運ばないでおこう」と心に決めたのであった(´;ω;`)ブワッ


体育祭編、つづく





コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

高校生日記(3)

勉強ばかりしていると生徒が学校に来なくなるということで、やたらとレクリエーションの行事が充実していた。個人的には普通に授業を進めてもらって全然構わないといつも思っていたが、学校の方針なので仕方ないのである。


というわけで、入学後すぐ、クラス対抗の大縄跳び大会とドッジボール大会があった。大縄跳びとかドッジボールとか、完全に小学生の遊びである。



大縄跳びと言えば、小学校のときによくやっていた8の字を思い出す。小学校の休み時間や放課後、男子はよく柔らかいボールを使って手打ち野球などをしていたかと思うが、インドア派の私は原則的に外には行かないし、行ったとしても、たいがい女子に交じって8の字をしていたのだ。

なので、大縄跳びなんてお手の物と思いきや、何せクラス全員で40人もいるし、練習とかもしていないもんだから、だいたいどこのクラスも数回しか跳べない。たしか、10回越えというダントツの成績を記録したクラスが優勝していたと思う。



そしてドッジボールであるが、私の世代では『ドッジ弾平』が思い起こされる。小学校のとき、月曜日の19時枠はいつも『ドッジ弾平』か『クレヨンしんちゃん』で迷っていた。クラスでも、『ドッジ弾平』派と『クレヨンしんちゃん』派に分かれていたと思う。

そんなドッジボール全盛の時代を生きた私であるが、ドッジボールの生き残りにかけては定評がある。なぜなら、私はご案内の通り影が薄いので、なかなか誰にも気づかれず、最後に「○○(私の本名)いたのか」という感じでいつも終わるからだ。

だが、今回のドッジボールは勝手が違った。40人対40人ということで、どう考えてもコートが狭すぎるし、男女混合なので終始ゆるい感じだったような気がする。



こんな感じで、年中レクリエーションだらけの学校だった。ゆとり世代もびっくりだ。……これでいいのか?





コメント:を見る(2)

大縄跳びと言えば… by hnhk
私の世代では、大縄跳びを「みんなでジャンプ」と称していたような記憶があります(TV番組のコーナー名だったような?)。

私の場合は、中学の体育大会でクラス対抗「みんなでジャンプ」がありました。
私のいたクラスは、練習では10回前後しか飛べなかったのですが、なぜか本番では50回近く飛んでしまったのです。
もちろん優勝でしたが、30回飛んだぐらいから、ツッパリ(死後)君たちの「お前ら、もう優勝やろが。はよ、やめろ○○ぞ!」などの怒号が飛び交い、騒然とした状況で幕を閉じました。

また、たまにサングラスかけたりして威圧的な女性の担任が、感動して泣き出し(体育大会の前の合唱コンクールで惨敗していたのもあったのでしょう)、クラスの生徒の失笑を買っていました。

今の殺伐とした世の中では考えられない、牧歌的な情景でした。
Re: 大縄跳びと言えば… by ばたお
体育大会っていうのは、運動会のことですかね。だとすれば、運動会で大縄跳びってめずらしいですよね。それにしても、50回というのは跳び過ぎです。ゆとり世代もびっくりです。

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

高校生日記(2)

時間割表が残っていたので、それを基に1年生のときの授業名とそのコマ数を書き出してみた。


  英語Ⅰ            4 コマ
  オーラルイングリッシュ  1 コマ
  国語Ⅰ            4 コマ
  数学Ⅰ・数学A       5 コマ
  化学ⅠB           4 コマ
  世界史A           2 コマ
  現代社会           2 コマ
  書道              2 コマ
  生活一般           2 コマ
  体育              3 コマ
  ホームルーム        1 コマ


「毎日6コマ×週5日=合計30コマ」というわけだ。

何が必修で何が選択だったかはうろ覚えだが、おそらく1年生のときは、芸術で「美術か音楽か書道か」を選択するだけだったと思う。高校の「書道」は中学までの「習字」と全然違って、すごく楽しかった印象がある。私の一番好きな科目は「書道」です(キリッ



しかしながら、最も注目すべきは「現代社会」である。

これを担当していた教師だが、はじめの1ヵ月ぐらいは普通に授業をしていたくせに、その後は有給休暇を取って1学期まるまる休んだため、夏休みまで現代社会の授業はほとんどずうっと自習だったのだ……。

言わずもがな、誰も真面目に課題なんかに取り組むはずもなく、みんな家から持ちよったマンガをひたすら読んでいた。私のクラスには名作『ダイの大冒険』が全巻そろっていたので(たしかW君が持ってきたものだ)、真面目にそれを読んでいたという記憶しかない……Orz。ちなみに、私は『ベルセルク』とかを持っていってたと思う。



このようにして、日本の高校生の学力はどんどん低下していくのであった。そして、エリート高校とヤンキー高校の学力格差がますます広がっていくのであった。





コメント:を見る(1)

受験を否定しても良いのですが… by hnhk
私の通った高校は、偏差値50ぐらいでした(要するに真ん中ぐらい)。
当時、4年生大学進学率は30%前後だったので、偏差値50の高校だと、最も偏差値の低い大学でも合格圏ぎりぎりでした。
事実、4年制大学への進学率は1割弱でした。
一方、教師はけっこう高学歴(旧帝大や早稲田とか)かつ反体制的でした。大学進学にも消極的でした。
私の2年の担任は、「今の大学は勉強できる環境にない。本当に勉強したいなら、大学以外の選択肢もある」とアドバイスしてくれました。
3年の担任は、「今の国公立の入試方式は、自分が受験生だった頃と違うから良く分からないな。自分で調べてみてくれ」といった具合でした。もちろん、進学に熱心な教師もいましたが…。
こうして、生徒たちは、自分の高校を「○○(高校名)温泉」と称するほど、ダラダラになっていきました。
今思えば、当時の教師たちの言動に共感できるところもあるのですが、残念なのはオルタナティブを示してくれなかったことです。
「脱・学力」な生き方を教えて欲しかったですね!

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

高校生日記(1)

もちろん、他の高校について特に私は何も知らないわけですが、この「高校生日記」では、私の進学した高校においてある意味で印象的だったエピソードついて話していきたいと思っています。



さて、高校生活を始めるに当たって最も重要なことは、イジメに遭わないようにするという一点につきる。

何事もはじめが肝心。まずはクラスメイトたちに舐められないように、ビビらすところから始めなければならない。一度序列がついてしまうと、それをひっくり返すことは容易ではないからだ。これはまさに、AKB48で言うところの推され/干され問題と同じである。はじめに干されメンバー認定をされてしまうと、後からは人気など永遠に出ないのだ。もちろん、当時はAKB48なんてまだなかったわけだが。

それで、私はもともと入学式には行かない主義なので(中学も高校も大学も入学式不参加である)、「俺は入学式なんかには行かないぜ」というハッタリで、相手をビビらす要素は十分かと考えていた。


そして、登校初日――。

新入生か新2・3年生かは、見ればだいたい分かるもので……というか、全然違う! 髪の毛が茶色、金色、赤、青、緑……ちょwwwおまwwww。ここはヤンキー高校だったのか……Orz。


私の実感では、女子はよく分からないが男子の喫煙率は5~8割ぐらいに達しており、トイレはいつも煙草の臭いで充満していた。トイレでヤンキーに絡まれたら怖いので、私はいつも音楽室とか美術室とか特別教室の近くにあるマイナーなトイレに行っていたのである(´;ω;`)ブワッ

おもしろエピソードとしては、私が勝手に「船の出発」と名付けていたものがある。よく船が出発するときにテープを陸に投げるイベントがあるが、それの再現のことだ。要するに、ヤンキーが2階、あるいは3階からトイレットペーパーを中庭に投げ捨てて、そのイベントを執り行っていたという話である。





コメント:を見る(2)

タイトルかなりいいですね! by hnhk
『中学生日記』を彷彿させるタイトルにいきなり撃ちぬかれた感です。『中学生日記』は、その設定のヌルさに辟易としながら、たまに見ていました。

ところで、私の高校も喫煙率が高く、所属していた3年14組(子ども多すぎて1学年15クラス!)では、同じクラスの男子で喫煙していないのは3人だけでした。

そんな状態でしたので、喫煙をやめさせるための教師の説教もふるっていました。
「私の兄は、J○の研究所に勤めていますが、タバコは吸いません。なんでかというと、発ガン率が高いのを良く知っているからです。」なんて感じで、「校則違反」「法律違反」なんて意味不明のことは言いませんでしたね。
Re: タイトルかなりいいですね! by ばたお
> 子ども多すぎて1学年15クラス!
私の世代からすると、想像できない多さです。ちなみに私はと言うと、高校は8クラス、小学校は2クラスでした。小学校は空き教室だらけで、給食を食べる専用の部屋、生徒が自由に使えるプレイルームがありました。

「高校生日記」は、いろんな出来事を思い出しながら、ゆるゆると続けていくつもりです。

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

ばたお

Author:ばたお
・1983年大阪府生まれ。大阪府河内長野市在住
・半自給農民、工場非常勤。できるだけ稼がず、できるだけ消費しません。シェアハウス運営
・土と暮らし研究会

【ツイッター】@BATAO_Hetare
【スカイプ】batao2.0
【PCメール】ba1234tao@gmail.com

Twitter

最新記事

全記事表示

記事検索

月別アーカイブ

カテゴリ

半農半活動 (22)
脱競争・脱成長 (27)
社会運動 (16)
家庭菜園 (68)
ばたおの「超意欲的ニート」生活 (34)
食料問題・農業問題 (22)
思想 (88)
文化 (36)
科学 (15)
社会 (106)
労働・貧困・経済格差 (84)
メディア (31)
原発・エネルギー (57)
憲法改正問題 (9)
国際 (45)
ばたお的議会改革案 (8)
「〈橋下なもの〉に感じる違和感」への違和感 (7)
「分かりやすさ」の陥穽――『おいしいコーヒーの真実』を批判する (6)
ポストモダン歴史学の批判的検討 (13)
格差肯定論――階級間平等社会へ (4)
新自由主義と正社員 (7)
ばたおの「現代政治学」案内 (5)
社会学としてのライトノベル論 (16)
AKB48関連 (90)
ハイコンテクストとしての平嶋夏海論 (14)
ゴリマがつくる「事実」――平嶋夏海なき平嶋夏海論 (4)
AKB48平嶋夏海・解雇関連 (19)
「平嶋的なもの」を解体する――間接的な平嶋夏海擁護論 (7)
渡辺麻友から読む平嶋夏海 (7)
SKE48松村香織とサイバー空間 (11)
平嶋夏海と松村香織 (1)
HKT48騒動 (9)
ボリシェヴィキの結成とロシア革命 (9)
高校生日記 (5)
ばたおの〈マジキチ読書〉 (22)
ばたおの〈マジキチ映画鑑賞〉 (1)
ばたおとだめお (12)
ツイートまとめ(1) (150)
ツイートまとめ(2) (150)
ツイートまとめ(3) (150)
ツイートまとめ(4) (150)
ツイートまとめ(5) (30)
未分類 (16)

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

FC2ブログランキング

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。