スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:を見る(-)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

動物的な幸せ――「内面を描かない」という癒し

『A.I.』
▲『A.I.』(監督:スティーヴン・スピルバーグ、2001年)


本作の主人公・デイビッドは、母親からの愛情を求めるロボットである。従って、一見すると「デイビッドという人間的なロボット」の話が想起される。しかしながら、彼が母親からの愛情を求めるのは、単純に「そのようなプログラムをされたから」に過ぎないとすれば、どうだろうか。

例えば、『スタートレック』シリーズに登場する「データ」というロボットがいる。データは「人間になること」を望むが、その欲望はあらかじめプログラムされたものではない。データは「自分が人間ではないこと」をはっきりと自覚した上で、人間性の獲得を望むのである。あるいは、そのような欲望を抱いた時点で、既にデータは「人間」であると言えるのかも知れない。

一方、デイビッドはひたすら母親からの愛情を求めるが、その動機の構造は機械的、というか動物的である。「なぜ、私は母親の愛情を求めるのか」「この衝動はプログラムされたものに過ぎないのではないか」といった疑問を、デイビッドが抱くことはない。つまり、データのように人間的な「内面」を発生させることはなく、最初から最後まで徹底して動物的なのである。



「何も考えるな」「疑問を抱くな」「とにかく体を動かせ」――。現在、こういった実践第一主義は、「癒し」という観点からもしばしば唱えられている。確かに、そうすることで私たちは幸せになれるだろう。「内心の葛藤」を捨て去ることは、私たちに「畜舎で快適に暮らすウシ」のような幸福な生をもたらしてくれるだろう。

そういった意味において、「内面=人間ドラマを描かない」というこのスピルバーグの態度は、まさに「癒し」そのものであるのかも知れない。




 にほんブログ村 政治ブログ 社会制度へ

 

FC2ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント:を見る(0)

コメント:を書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

ばたお

Author:ばたお
・1983年大阪府生まれ。大阪府河内長野市在住
・半自給農民、工場非常勤。できるだけ稼がず、できるだけ消費しません。シェアハウス運営
・土と暮らし研究会

【ツイッター】@BATAO_Hetare
【スカイプ】batao2.0
【PCメール】ba1234tao@gmail.com

Twitter

最新記事

全記事表示

記事検索

月別アーカイブ

カテゴリ

半農半活動 (22)
脱競争・脱成長 (27)
社会運動 (16)
家庭菜園 (68)
ばたおの「超意欲的ニート」生活 (34)
食料問題・農業問題 (22)
思想 (88)
文化 (36)
科学 (15)
社会 (106)
労働・貧困・経済格差 (84)
メディア (31)
原発・エネルギー (57)
憲法改正問題 (9)
国際 (45)
ばたお的議会改革案 (8)
「〈橋下なもの〉に感じる違和感」への違和感 (7)
「分かりやすさ」の陥穽――『おいしいコーヒーの真実』を批判する (6)
ポストモダン歴史学の批判的検討 (13)
格差肯定論――階級間平等社会へ (4)
新自由主義と正社員 (7)
ばたおの「現代政治学」案内 (5)
社会学としてのライトノベル論 (16)
AKB48関連 (90)
ハイコンテクストとしての平嶋夏海論 (14)
ゴリマがつくる「事実」――平嶋夏海なき平嶋夏海論 (4)
AKB48平嶋夏海・解雇関連 (19)
「平嶋的なもの」を解体する――間接的な平嶋夏海擁護論 (7)
渡辺麻友から読む平嶋夏海 (7)
SKE48松村香織とサイバー空間 (11)
平嶋夏海と松村香織 (1)
HKT48騒動 (9)
ボリシェヴィキの結成とロシア革命 (9)
高校生日記 (5)
ばたおの〈マジキチ読書〉 (22)
ばたおの〈マジキチ映画鑑賞〉 (1)
ばたおとだめお (12)
ツイートまとめ(1) (150)
ツイートまとめ(2) (150)
ツイートまとめ(3) (150)
ツイートまとめ(4) (150)
ツイートまとめ(5) (30)
未分類 (16)

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村

FC2ブログランキング

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。